カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

マリオカートシリーズ ヒストリー オブ クッパJr.(2003~2019)

マリオカート ダブルダッシュ!!(2003)

f:id:wario-1021:20170522144342p:plain

クッパJr.が初めてマリオカートに参戦。父親のクッパと親子タッグで参戦。

クッパが重量級である事に対し、息子のクッパJr.は軽量級のドライバー。

クッパ親子の専用アイテム『クッパこうら』は敵を攻撃した程度では壊れない、頑丈で巨大な甲羅。

攻撃範囲も威力も絶大で、ぶつかったカートは大転倒して持っていたアイテムをすべて失う。

ただし跳ね返って自滅した場合、自分達もアイテムを失う羽目になる。

f:id:wario-1021:20170522144421j:plain

ダブルダッシュクッパJr.向けにイメージされたカートはマグナムカート。

軽量級×軽量級のコンビでのみ乗る事ができる。

最高速と加速が両立されているマシンだが、体当たりには弱くダート走行も苦手。

エンジン音はマリオのレッドファイアーと同じ。

マリオカートアーケードグランプリ1、2(2005,2007)

f:id:wario-1021:20170522144449p:plain

クッパカップのコース『クッパキャッスル』の中盤でカメオ出演

城内にはクッパクッパJr.の絵も何枚か飾られている。

この他、レース後の表彰式画面の観客席にも登場。

マリオカートWii(2008)

f:id:wario-1021:20170522144506j:plain

久しぶりにレースに参戦。今作は中量級ドライバー。

出現条件は少し難しく、プレイ回数が3450回に達する、

あるいは100ccグランプリのこうらカップバナナカップこのはカップサンダーカップ

カップすべてで☆1つ以上のランクで総合優勝する事でようやく解禁できる。

今作からはコーナリング勝負に強いキャラクターとなっており、

グリップが少し高くて滑りにくく、ハンドルを切った時の減速がかなり少ない。

とくにこの減速回避の性能補正が高く、ハンドル操作だけでもコーナーを素早く抜ける事が可能。

ミニターボの性能も少し上がるため、積極的にドリフトしてミニターボの加速で引き離す事も得意。

マリオカートアーケードグランプリDX(2013)

f:id:wario-1021:20170522150005j:plain

初期のアーケードグランプリ2作では背景キャラクターだったが、ついにレーサーとして参戦。

(実はロケテストの段階から既に参戦していた)

軽量級ドライバーに戻っており、素のトップスピードが低くなったが、

ハンドリング性能が高くコーナーを曲がりやすいキャラクターになっている。

カーブに強いというマリオカートWiiの時の特徴が引き継がれた。

隠しキャラクターだが、解禁条件はかなり簡単。レース中にマリオコインを集めていき、

タマゴスロットを8回ほど回す事でクッパJr.が使えるようになる。

2017年6月のアップデートでは、さらに50ccキノピオカップ

2ラウンドともクリアする事でも解禁できるようになった。

f:id:wario-1021:20170522150816j:plain

アーケードグランプリDXではクッパJr.のホームステージも設けられている。

NewスーパーマリオブラザーズUの飛行船ステージがモチーフ。

コース形状は前作・アーケードグランプリ2のワルイージカップのステージに似ているが、

一部のジャンプ台がダッシュするようになっていたり、

コース終盤に急カーブが設けられていたりと難易度は格段に高くなっている。

マリオカート8(2015)

f:id:wario-1021:20180421132511j:plain

新しくクッパ7人衆が参戦し、DLCではほねクッパWii以来に復活する中、

クッパJr.はなぜか復活せず、GC ベビィパークの背景のアトラクションのオブジェでのみ登場。

マリオカート8 デラックス(2017)

f:id:wario-1021:20170505010724j:plain

家庭版シリーズではマリオカートWii以来9年ぶりの復活参戦。

正式に軽量級ドライバーに戻っており、優れたコーナリング性能も健在。

軽量級キャラクターの中では平均的な性能バランスとなっており、かなり扱いやすい。

f:id:wario-1021:20170429212509j:plain

軽量級に戻った事で加速性能も少し上がったため、バトルで相手をかく乱する事も得意になった。

クッパJr.が参戦している作品は隠しキャラクターという例が多いが、

8デラックスでは最初から使う事が可能。

マリオカートアーケードグランプリVR(2017)

f:id:wario-1021:20170628222523j:plain

本人は登場していないが、コース中盤の飛行船ステージ(エアリアルロード)で、

クッパJr.の絵が描かれた旗がなびいている。

マリオカートツアー(2019)

f:id:wario-1021:20191106182428j:plain

10月9日開催のトーキョーツアーから参戦。

レアキャラクターに分類されており、ドカンからの排出率は低め。

ショップからゲットする場合は3000コインが必要。

スペシャルアイテムはダブルダッシュの時と同じクッパこうら。

相変わらず甲羅の攻撃力が高くて頑丈だが、その代わり前方にしか攻撃できなくなっている。

ただ中位から出現しやすいために攻撃できる機会は多いうえ、

今作ではなんとコースに沿って進んでいくため、ライバルにとって大きな脅威になりやすい。

f:id:wario-1021:20191016181658j:plain

マリオカートツアーでは、ダブルダッシュで登場したマグナムカートも復活している。

こちらは配信初期から実装されており、レアリティはノーマルで入手しやすい。

今作はキャラクターの重量によるカートの制限がないため、

中量級や重量級のキャラクターを乗せる事も可能。その気になれば父さんも乗せられる。