カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

マリオカートシリーズ ヒストリー オブ クッパJr.(2003~2017)

f:id:wario-1021:20170518232652j:plain

やっぱりクッパJr.達がいるとマリカのハマり具合が全然違う。

マリオカートシリーズにおけるクッパJr.の登場作品をこの記事で一挙紹介。

アーケードグランプリでは初代の段階から伏線を作っていたのね。

f:id:wario-1021:20170522144342p:plain

クッパJr.が初めてマリオカートに参戦したのは『マリオカート ダブルダッシュ!!』の事。

父親クッパと親子でタッグを組んで参戦した。

父のクッパは重量級ドライバーである事に対し、息子のクッパJr.は軽量級ドライバー。

クッパ親子の専用アイテム『クッパこうら』は敵を貫通していくほど頑丈で巨大な甲羅、

威力も絶大でぶつかったカートは大転倒して持っていたアイテムをすべて失う。

f:id:wario-1021:20170522144421j:plain

ダブルダッシュでクッパJr.向けに用意されていたイメージカートはマグナムカート。

最高速と加速が両立されているマシンだが、体当たりには弱くダート走行も苦手。

f:id:wario-1021:20170522144449p:plain

その数年後、マリオカートアーケードグランプリ・アーケードグランプリ2では、

クッパキャッスルのコース中盤でクッパJr.カメオ出演している。

また、城内にはクッパクッパJr.の絵も親子で何枚か飾られている。

この他にもレース後の表彰式画面の観客席に登場。

f:id:wario-1021:20170522144506j:plain

その後、マリオカートWiiで久しぶりにドライバーとしてレースに参戦。

出現条件は少し難しく、プレイ回数が3450回に達する、

あるいは100ccのこうらカップバナナカップこのはカップサンダーカップ

この4カップすべてで☆1つ以上のランクで総合優勝する事でようやく解禁できる。

中量級ドライバーながら、コーナリング勝負に強いキャラクターとなっており、

グリップが少し高くてスリップしにくく、ハンドルを切った時に減速しにくい。

とくにこの減速回避の性能補正は高く、ハンドル操作だけでもコーナーを素早く抜ける事が可能。

f:id:wario-1021:20170427132241j:plain

マリオカートWiiを最後に、クッパJr.は9年もの間、家庭版からは姿を消していた。

マリオカート7では(クッパクラウンのカートがありながら)姿形なしでこれといった言及もなく、

マリオカート8でもGC ベビィパークの背景オブジェのみといずれも最後まで登場する事はなかった。

8ではほねクッパはDLCで復活参戦していたのに。

f:id:wario-1021:20170522150005j:plain

それでも、マリオカート8の1年前から稼働した

マリオカートアーケードグランプリDXではクッパJr.はレーサーとして参戦している。

ちなみに13年2月のロケテストの段階から既に参戦が確定していた。

マリオカート ダブルダッシュ!!以降の家庭版シリーズで初めて参戦したキャラクターの中で

アーケードグランプリにも進出した例としては、ワルイージに続いて2人目となる。

ハンドリングタイプの軽量級ドライバーとなっており、コーナーを鋭く曲がりやすい。

どこかマリオカートWiiのカーブに強い性能補正を彷彿とさせる。

隠しキャラクターだが解禁は大して難しくなく、レース中にマリオコインを集めていき、

タマゴスロットを8回ほど回す事でクッパJr.が使えるようになる。

また、2017年6月のアップデートにより、

50ccキノピオカップをクリアする事でもクッパJr.を解禁できるようになった。

f:id:wario-1021:20170522150816j:plain

アーケードグランプリDXではクッパJr.のホームステージも設けられている。

世界観はNewスーパーマリオブラザーズUの飛行船ステージがモチーフ。

コース形状は前作・アーケードグランプリ2のワルイージのステージに似ているが、

一部のジャンプ台がダッシュするようになっていたり、

コース終盤に急カーブが設けられていたりと難易度は高くなっている。

f:id:wario-1021:20170505010724j:plain

そしてマリオカート8デラックスにて、家庭版シリーズにも復活。

正式に軽量級ドライバーに戻っており、加速やハンドリングの性能が良くなっている。

軽量級キャラクターの中では平均的な性能バランスとなっており、扱いやすい。

Wii、アーケードグランプリDXと隠しキャラクターとしての登場が続いていたが、

今作ではダブルダッシュ以来に最初からクッパJr.を使う事が可能。

f:id:wario-1021:20170628222523j:plain

マリオカートアーケードグランプリVRではホームステージとクッパJr.の旗が確認できているが、

肝心のクッパJr.本人が参戦するかどうかは不明。

 

f:id:wario-1021:20170429212509j:plain

Jr.が復活したおかげもあって8デラックスは長く遊べそうです。

アーケードグランプリDXの全国対戦ではけっこうよくクッパJr.を見た記憶。

今後のシリーズではクッパJr.もレギュラーキャラクターとして続投してほしいものですね。

キングテレサカロンも然り。性能こそ極端に高くはない代わり、キャラ愛が強い。

8デラックスではこの3人の使用率がとにかく高いです。