カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

マリオカートアーケードグランプリDX 毎年恒例の壊れイベントの時期ですよ

トリプルゴールドこうらゲットキャンペーン! - マリオカート アーケードグランプリ デラックス (bngames.net)

今冬もやってまいりました、トリプルゴールドこうらゲットキャンペーン。

2019年を皮切りに毎年1回は開催されています。

このイベントが開催されるのは4回目、説明もサボって良いですか。(サボるんじゃない!)

詳しい事はすでに公式サイトに掲載されているので

説明は大雑把にするとして、内容はだいたい今まで通りでしょうか。

期間中にバナパスポートカードを使って遊ぶと3プレイでゴールドこうらが、

6プレイでぶっ壊れアイテムのトリプルゴールドこうらが手に入るというものですね。

このアイテムの何がやばいのかって、

ほとんどの追尾アイテムはトリプルになると追尾性能を失って直進型になるのが

トリプルゴールドこうらは凶悪な追尾性能をそのままに弾数が3つに増えているという事。

しっかり狙う必要もなく、アイテムボタン一押しで

ゴールドこうらの弾幕を簡単に仕掛けられてしまうのだからヤバい。

今年のトリプルゴールドこうらキャンペーンは11月18日から開催されていたみたいで、

最終日は12月15日となっています。あれ?スタンプイベントにしては1ヶ月足らずと短め。

従来であれば1ヶ月半近くは開催されているんですけどねえ。

今年のスーパースターゲットキャンペーンもわずか1ヶ月で終了していましたし、

2022年のスタンプイベントは開催期間が短いな。

今年もいよいよ大詰めだというのにこんなに雑な記事で終わって良いのか。

なのに、ひょっとしたら今年のブログ更新はこれが最後になるかもしれません。

既存の記事はいくつか更新するかもしれませんが、それすら更新できなかったらよいお年を!

突っ走れ!コース追加パス第1弾と第2弾

マリオカート好きの皆さんなら既に知っての通りだと思いますが、

2022年2月10日朝のNintendo Directマリオカート8デラックスに5年越しのDLC

コース追加が配信される事が発表。

3月18日に第1弾が配信、8月5日に第2弾が配信されました。

1回につき8コースずつ追加され、最終的に48コースが追加されるんだとか。

よく言われているけど追加される数がおかしいんよな。

もはや新作レベルだし既存コースと合わせると96コースにもなっちまうんだ。

(+8デラックスで新たに追加されたバトルコースを含めると104コース)

[第1弾]

・Tour パリプロムナード

マリオカートツアーの都市コースがついに家庭版で走れるようになりました。

今まで都市コースやツアーのオリジナルコースは限られたシーズンしか走る事ができなかったので、

コース追加パスを買っていればいつでも走れるのは嬉しい事この上なし。いいぞもっとやれ。

マリカツアーの都市コースはコース1~3でそれぞれ決められたルートを2周していましたが、

8デラックスではこれが一味も二味も違う。8デラックスの都市コースは、

なんとこれまで走ってきたコース1~3がすべて走れる特別仕様になっています。

基本的にはコース1とコース3の複合体となっていますが、3周目に入ると…!?

3DS キノピオサーキット

マリオカート7の最初のコースがしばらくぶりの再登場。

ツアーでも2019年のリリース初期からあるコースで、ディテールもツアーに準拠しています。

というかTour出展でないコースも主にはツアーで出た時に準じたディテールとなっており、

Switch向けに大幅なブラッシュアップがなされています。

後述のDS キノコリッジウェイ以外はいずれもツアーに存在しており、

ディテールもツアーと共有しているため、今後もツアーにあるコースが中心に抜擢されるのかも。

8デラックスでは基本的に従来と同様にちゃんと3周走るようになっていますが、

このキノピオサーキットは全長が長くないので一瞬の被弾が命取りになりかねず、

ならばと打開を狙うにしてもレース時間が短いので急いで大逆転しないといけない。

シンプルながらも奥が深い戦略が問われてきます。

N64 チョコマウンテン

原作の64やDSのリメイクから景観がガッツリ変わりました。

昔だったら最初のトンネルはサッとくぐって終わりだったのが、

新しいチョコマウンテンはトンネルを入ると鉱石が輝く長い洞窟へと続いています。

洞窟を抜けるとグライダーで峡谷を滑空していきますが、真下は奈落なので撃ち落としに注意。

道幅も広くないので、ボムへいが猛威を振るいます。

その先に待ち構えているおなじみの落石地帯はおおよそ今まで通りか。

Wii ココナッツモール

伝説のコース、ここに蘇る。マリオカート7以来11年ぶりの登場です。もうそんなに前なの。

外装も内装もまるごと新しくなり、昔より落ち着いた印象を受ける景観になりました。

…それとは裏腹に、過去作と比べてコース幅がけっこう狭くなっているので、

150ccですらコーナリング中にドリフトブレーキを強いられる事が多々あるかも。

かつてみんなのトラウマとよく言われた、駐車場を動き回るMiiの車は

8デラックスではMiiではなくなり、代わりにヘイホーが乗って応援するようになりました。

昔と違ってヘイホーが乗っている車なら暴走しなくなり、

駐車場のエリアは大人しくなった…と思っていたのか? そう思ったのもつかの間、

なんと8月5日のアップデートでグランプリとVS限定でヘイホーの車が時折暴走するようになり、

車が激しくドリフトしながらグルグル回っている所にぶつかると

盛大にクラッシュするように変更されました。ちょっと待てや。

後発でマリオカートツアーでも5月4日に追加されたんですが、

そっちのヘイホーの車のほうがシリーズの中でも一番穏やかだとはこれいかに。

(ツアー版はのんびりと車を前後に動かしていて、ぶつかっても少し減速するだけ)

・Tour トーキョースクランブル

ニューヨークドリーム、トーキョースクランブル、パリプロムナードは

マリオカートツアーでも初期の頃から存在した元祖3大都市コースでした。

その中でもトーキョーはツアーでも走れたシーズンがそこそこ多く、

都市コースでは最もよく走れたコースじゃないでしょうか。

そんなトーキョースクランブルが8デラックスでいつでも走れるように。

パリプロムナードと同様、コース1~3が統合された特別仕様で、

1周目に国会議事堂の横を走るコース1のルートを走り、

2周目にコース2の浅草神社の雷門を通り抜け、

3周目は最後にコース3の首都高速道路のルートを走り抜けていきます。

何故かところどころでドッスンが邪魔してくるので踏み潰されないようにしましょう。

・DS キノコリッジウェイ

実にマリオカートDS以来17年ぶりのリマスター。

車は両方の車線がカートと同じ進行方向に走るようになっていたり、

コース中盤の花畑を突っ切るショートカットではグライドボードが追加されていたりと

現代向けに走りやすい工夫が多数なされています。

マリカツアーでは未だに登場していないコースでもあったりします。

コースの最後には新たに気流を伝っていくショートカットが追加。

これがけっこうな短縮になるので強力な追い上げに繋がります。

ただし十分な速度がないとそのショートカットは成功しないので注意。

GBA スカイガーデン

2022年1月末にマリカツアーの今後の新コースとして存在が仄めかされ、

GBAのスカイガーデンなのかマリカ8のスカイガーデンなのか考察が飛び交いましたが、

その直後にこのコースが追加パスで配信される事が発表され、

それと同時に最初に仄めかされていたコース背景がGBA版のスカイガーデンである事が確定。

ツアーで少し走った後すぐに8デラックスでもそれと同じ形状のコースが走れるようになるなど、

何かと異色の経歴持ちなスカイガーデンだったりします。

形状はマリオカートアドバンスやDSの時からガラリと変わり、

コースの随所に高低差が付け加えられています。

これはマリオカート8以降のN64GBAのコースに多くありがちな特徴で、

とくにGBAは原作や7以前のリメイクでは高低差がない作りだったものが、

8以降は高低差を加えたりしてガッツリアレンジする路線を歩んでいるらしい。

こうした魔改造GBAに多い気がしていたんですが、

振り返ってみるとN64のコースもチョコマウンテン然りだいぶ派手な事してるなと。

ちなみにツアー版と8デラックス版では床の色や遠景が大きく異なっています。

・Tour ニンニンドージョー

マリオカートツアーで初登場した、都市以外でのオリジナルコースその2、

ニンニンドージョーが8デラックスでいつでも走れるようになりました。

(※オリジナルコースその1はメリーメリーマウンテン。第3弾以降で来るのだろうか。)

実はここ、マリオカートツアーだとそれまでわずか2シーズン(4週間)しか走れなかった

ほぼ幻に近い存在のコースと化していました。

直後に開催された武者ツアーを含めても3シーズンなので、ツアーでは6週間しか走れていません。

道場に入るといくつもの分岐が待ち構えている迷路のようなコースで、

居間には手裏剣が痛い釣り天井や風車など仕掛けもいっぱい。

おじゃまキャラのにんじゃヘイホーもちょくちょく行く手を阻んできます。

走り方がギミックに左右されやすいコースでもあるので、多少の慣れが要るかも。

[第2弾]

・Tour ニューヨークドリーム

パリプロムナードやトーキョースクランブルから少し遅れてニューヨークも登場。

リリース初期はこのニューヨークがメインの舞台だったので

以降も積極的に出る…かと思ったらそんな事はなく、あとは2019年末のホリデーシーズン、

リリース1周年と2周年のツアーの計4シーズンでしか登場しませんでした。

22年9月現在までの全78シーズン通してたった4回しか出ていないので、

8デラックスに来る前のニンニンドージョーと同様、幻のコースになりかけていました。

そんなニューヨークドリームもコース追加パスで来た事でいつでも走れるように。

トーキョースクランブルと同様、3周かけてコース1~3を1周ずつ走る特別仕様。

ツアーと比べると路面が濡れていてだいぶ滑りやすくなっているので気を付けましょう。

SFC マリオサーキット3

実はマリオカート8としてはSFCマリオサーキットが来るのは初めて。

シリーズ初代のSFCコースはここまでバトルコース含めて4コースある事になりますが、

派手なアレンジを施すN64GBAとは異なり、こちらはおおよそ当時に準じた再現となっています。

なのでショートカットやギミックも大方は当時と同じ使い方ができます。

ところどころにオイルが撒かれているので滑ってしまわないように気を付けて。

今までのSFC マリオサーキットのリメイクと比べると

背景が深く描き込まれていてかなり賑やかになっているのも特徴です。

N64 カラカラさばく

昔、原作やマリオカート7正規ルートではない線路の中を走って遊んだ事はありませんか?

8デラックスのN64 カラカラさばくは、なんと線路の中が正規ルートになっちゃった。

途中から驚きの方法で線路に入っていきます。

それ以外はだいたいマリオカート7に準じたものになっているので、

7で追加されたグライダーのショートカットもそのまま残っています。

線路を走っている汽車は従来通りぶつかるとクラッシュしてしまうので、

マリオカートツアーでN64 カラカラさばくを遊んでいた皆さんは気を付けましょう。

・DS ワルイージピンボール

マリオカートDSや7でも屈指の人気コースなワルイージピンボール

マリオカートツアーでは景観がごっそりリニューアルされていたので、

新しい景観のワルイージピンボールが逆輸入される事をずっと待ち望んでいました。

このコース何よりの特徴は、ピンボール台をテーマにしているのも勿論なんですが、

アイテムボックスを通過した時やダッシュ板を通った時などに

ワルイージピンボール専用の効果音が流れる事。8デラックスでも軒並み再現されています。

・Tour シドニーサンシャイン

ツアーではパリプロムナードが3番目の都市コースとして出た後、

4.ロンドン→5.バンクーバー→6.ロサンゼルス→7.ベルリン→8.シドニー…という順番で

新しい都市コースが出ていたんですが、

まさかロンドンからベルリンまですっ飛ばしてシドニーが真っ先に来るとは思わなかった。

(※シドニーから先は9.シンガポール→10.アムステルダム→11.バンコクと出ている)

8デラックスのシドニーサンシャインはコースを3周する過程で

1周目でコース1を、2周目ではコース3と2の複合を走り、

3周目では最初に走ったコース1を逆方向に走っていきます。

走行時間はけっこう長いので気を抜けない時間も長い。

実は2周目前半に走るコース3のルートは8デラックスのほうが早いお披露目でした。

マリオカートツアーでシドニーを走った経験がある人達はみんなビックリ。

私事ですが、私はこのシドニーが都市コースの中で最も思い入れが深いので、

このコースは相応に極めていきたいと思っています。

GBA スノーランド

第1弾のキノコリッジウェイに続く初リメイク/リマスター枠。

原作のマリオカートアドバンス以来なので実に21年ぶりですね。…ってもうそんなに前か!

今まで8では派手な魔改造が多かったGBAコースですが、

スノーランドは高低差を付けた事以外は原作のテイストがかなり保たれていて、

アレンジされたBGMもかなり原作に準じています。

コース形状が8デラックス向けになった事で新しいショートカットもいくつかあるので、

ダッシュキノコなどの加速アイテムを持っている時に試してみてはいかが?

Wii キノコキャニオン

8デラックスではドリフトしながらトランポリンに乗って行える「7D」なるテクニックがあるので

コース追加パスで来るならどうするんだとよく言われていましたが、

8デラックス向けにトランポリンキノコの配置が少し変更されてやってきました。

それと同時に原作のWiiのみに存在していた最序盤のショートカットが復活。

洞窟の中のトランポリンキノコも内訳が少し変わった事で、

グライダーが出る青いキノコは安定感が向上しました。

マリオカート7やツアーの時は青いキノコを通るルートが遠回りに存在し、

なおかつ青キノコから先しばらくが奈落…と無駄にリスクが高かったので大改善ですね。

もう何も怖くない(フラグ)

・新コース アイスビルディング

あれ、追加されるコースは歴代シリーズからって言っていなかったっけ?

マリオカート8で最後に新規のレースコースが追加されたのは2015年4月23日だったので、

実にその時以来7年ぶりとなる最新コースです。もうそんなに経っちまったのか。

周りがアイスクリームでいっぱいのカラフルで美味しそうなコースで、

8デラックスでは終始反重力で走り抜けていきます。

初見で走っていると落ちそうでハラハラする局面が多いです。

反重力につき空中でもとっさのハンドル回しが効くので上手くスティックを傾けましょう。

後にマリオカートツアーでも8月10日~24日の2週間走る事ができました。

そっちではアイスクリームバン、チョコバナナアイスバン、

ストロベリーソフトといった美味しそうなマシンも出ていたんだよなあ。

 

(※第3弾以降は配信され次第のんびり更新するかも)

マリオカートアーケードグランプリDX グランプリのクリア賞品を一部変えてくれたらなあ。

マリオカートアーケードグランプリDXは2017年6月のアップデートで

グランプリモードの各カップにクリア賞品が追加されました。

クリア賞品の多くはタマゴスロットで手に入れる事もできますが、

グランプリから先にプレイしてカップを進めていれば

単純にスロットで出るのを待つよりも早くゲットできてお得なものが揃っています。

(※50ccマリオカップのメタルスパーク、150ccクッパJr.カップテレサなど)

ただ、私個人としてはその賞品の内訳の一部に不満があったりします。

今後のアップデートで該当するクリア賞品を既存の別モノに差し替えてくれないでしょうか。

(一瞬余談ですけどアーケードのメタルマリオ、表情描かれているんだ…)

結論から言うと最も変えてほしいのは150ccマリオカップのクリア賞品、ゴールドこうら。

そもそも今作の150ccのグランプリは100ccの全7カップをクリアしないと解放されず、

150ccを解放するには最短でも28プレイかかってしまいます。

そこからさらに150ccマリオカップを進める分を足しても最短で32プレイ。

それだけなら単純に手間がかかるで済むのですが、

実は100ccのグランプリでクッパファクトリーを数回ほどやっていれば

ゴールドこうらは簡単に手に入ってしまいます。

f:id:wario-1021:20180108182311j:plain

何故ならグランプリを遊んでいた場合、タマゴスロットからゲットできるアイテムは

直前のレースでCPUが持っていたアイテムが出現しやすいんです。

とくにクッパファクトリーは前半のラウンド1、後半のラウンド3ともに

CPUがゴールドこうらを持参しているのでなおさら早く手に入ってしまいやすい。

f:id:wario-1021:20211106203053j:plain

そしてもっとやばい点として、年1ぐらいで不定期に開催されるスタンプイベント、

トリプルゴールドこうらゲットキャンペーンをバナパスポートカードを使って期間中に遊べば

なんとたった3プレイでゴールドこうらが手に入れられちゃいます。

こうした裏口入学的な解放条件があまりにも多すぎるせいで、

もはや150ccを解放する以前の問題になっちゃっているんですよね。

一応、カップを制覇した時にクリア賞品を既にタマゴスロットなどでゲット済みだった場合は

マリオコイン100枚に変換されるので一概に悪い事ばかりではありませんが、さすがにこれは…。

そうだなあ、150ccマリオカップのクリア賞品は

既存から考えるならファイアマリオにしてくれたりしないかなあ。

マリオから選べるきせかえバリエーションのキャラですが、タヌキマリオもクリア賞品にいるし。

ちなみにカップクリア賞品にはキャラクターも含まれていますが、

現状の内訳では50ccに2キャラいるだけでそれ以外はカートかアイテムだけなんです。

だから100cc以上のクリア賞品にもキャラがいてくれても良いんじゃないかなって。

続いては2018年末のアップデートで追加されたドンキーコングカップのクリア賞品すべて。

ドンキーコングカップの追加とともにカップクリア賞品もそれ用に追加された訳ですが、

100ccと150ccと150ccミラーで全部ギャラクシーコメットなのがすごく勿体ない。

アーケードグランプリDXは今の所レインボーロードカップが存在していないので、

今後のアップデートでレインボーカップが追加されて

そっちの賞品がギャラクシーコメットになったらそれっぽくないです?

ドンキーコングカップのほうはせっかくアプデで追加された野生味あふれるコースなので

それぞれのカップクリア賞品ももう少しそれっぽくしてほしいです。

前述通りカップクリア賞品にキャラクターは50ccにしか存在していないので、

100ccドンキーコングカップの賞品は新規でディディーコングを追加してほしいなあ。

あわよくばピーチやヨッシー達と同じ、加速力に秀でたかそくタイプの性能で。

ディディーコングは最近マリオカートツアーで復活したので、それをバネにしてほしい。

あ、ディディーと引き換えに同じ加速タイプのワルイージは初めから使えるようにして

現在ワルイージがスロットで出現する部分のトリガーもディディーに変えてほしいです。

で、150ccドンキーコングカップは既存カートからウルトラチェイサー

150ccミラーのドンキーカップは同じく既存のウルトラボイジャーなんてどうでしょう?

ウルトラスピーダーは150ccクッパカップや150ccミラー太鼓の達人カップ

150ccミラークッパカップに賞品として君臨していますがチェイサーやボイジャーはないので、

アップデートでそれらに差し替えてくれたら嬉しいなあ。

最後は50ccキノピオカップのクリア賞品、クッパJr.

クッパJr.はDXが稼働した頃から隠し枠として出ているキャラクターで、

隠し枠はクッパJr.ワルイージワリオと解禁されていく方式が取られていました。

ところが、稼働後のアップデートでロゼッタメタルマリオ、デイジーといった

従来のシリーズならだいたい隠しキャラな顔ぶれが続々初期キャラとして追加。

後にキングテレサやジュゲムもアップデートで初期キャラとして君臨したので、

やがてDXの新規キャラでクッパJr.だけがぽつんと隠しのままなのが逆に可哀想に思えてきました。

2020年末のアップデートではワリオも初期キャラになってもうたしなあ。

(※現在、写真のワルイージクッパJr.以外の17キャラはみんな初めから使えます)

ならばクッパJr.もいっそ初めから使えるようにしちゃって

50ccキノピオカップのクリア賞品にはこれまた新規キャラでキノピコが入ってほしいです。

キノピコ(稼働初期の音沙汰なしさはどこへやら)最近かなりノリにノッてきていますし、

キャラクターモデルも既存のキノピオからだいぶノウハウを活かして出せそう。

性能はキノピオクッパJr.達と同じハンドリング重視になるんじゃないでしょうか。

 

…とまあ、こんな所でしょうか。

しかしとくに150ccマリオカップのゴールドこうらは流石にどうしようもない状態なので、

今回述べたクリア賞品5種類に関しては大なり小なり調整されてほしい所です。

マリオカートツアー ドカンで目当てを引くと人間じゃなくなっている人 (歴代発狂集)

始まったばかりでこの始末☆

はてさてこの先どうなります事やら☆

リリース初期からほとんどのドカン(ガチャ)で爆死を繰り返してきた男、

何ヶ月ぶりかのキャラ復刻でようやく目当てを引けた結果がこれだよ!

このカオスクライマーって人、まずは日本語から学習しようか。

今年10月5日のツアーからルビーを使うタイプのドカンがなくなるにつき、

現在開催中の(3rd)アニバーサリーツアーのドカンが最後のガチャとなります。

(※オールカップクリア時の金ドカンやメダルショップのドカンは残留するかも…?)

そんでもって私のガチャ運はというとほぼ毎シーズンで爆死するという悲惨さ加減だったので

逆に目当てが当たった時にはもはや人間ではない狂気的な叫びばかりしていました。

それでは長年苦しみ続けてきたドカンもいよいよ見納めなので、

最後に私、カオスクライマーがドカンで欲しかったものを当ててはTwitterで発狂してきた

歴代発狂集をご覧ください。字面がめちゃくちゃうるさいです。

 

・2020年6月 ライガーホットロッドを当てた時の発狂

ライガーホットロッドの初出は2019年11月。

当時と翌年4月の復刻では当てれず、絵を描いて我慢し続けていました。ええ。

(この2シーズン後にすぐ恒常マシンになったって話もする?)

・2020年8月 海賊クッパJr.とそのマシンを当てた時の発狂

クッパJr.としては初&今なお唯一のウルトラレアです。

クッパJr.は長年ゲームで操作し続けてきているので思い入れが深いんです。

だからあーあーうるさいんですよ。

・2021年1月 パーティジュゲムを当てた時の動揺

無料ドカン4発目、ラストで当たっちゃった。

この後、パーティジュゲムは闇鍋のドカンか高額の課金パックぐらいでしか復刻されていないので、

当時引き当てられたのはラッキーどころの話ではないですね。

・2021年1月 ブルースデイモンをお迎えできた時の発狂

この時点では歴代一うるさい発狂。…にして、ここで運をだいぶ使い切っている。

待ちに待ったブルースデイモンの復刻がまさかの闇鍋ドカン。

マシンのビジュアルは好き、でも闇鍋や課金は大嫌いだったので嫌々挑戦した末の叫びです。

この後ブルースデイモンは使いに使いまくっています。(今でも頻繁に使っている)

・2021年11月 ビルダーキノピコを当てた時の発狂

こやつクッパJr.だけでなくキノピコでも叫んでいるよ。

この半年前のガチャで派手に爆死していたので、感激も発狂もひとしおってものがあるんですよ。

ちなみにビルダーキノピコはこの前後の復刻では4900円の課金パック専用がほとんど。

・2021年12月 トナカイヨッシーを当てた時の発狂

ヨッシーを引き当てたりしても人一倍うるさくなるんだなあこの人。

叫んでいる裏で叫びすぎて喉が枯れていそう。

トナカイヨッシーは実に2年越しの入手だったんですもの、それぐらい叫ばせて。

というか目当てが出た時いつも完全クリアしましたって言っていない?

・そして2022年9月 最後のドカンでキャラ2体を当てた時の大破

文面で見返してみるとやっぱり人間やめているよね。

そういう訳でもうガチャに悔いはありません。

 

Q.スマホゲーのガチャを経験してきてどうだった?

A.俗に言う神引きがあっても、ガチャは最後まで好きになれんかったなあ。

  (身近で親しい方々がガチャで爆死する光景を見るのが何よりも辛かった)

   最近はリーグ50以上1位限定報酬というもっとアカンものがあるけど。

マリオカートツアー 恒常ウルトラレアカスタム早見表 (2022年10月更新版)

(※この記事で記載している恒常のウルトラレアのキャラやカスタムは、

  通常のドカンにキャラ/マシン/グライダーがそれぞれ1つずつ含まれる恒常のウルトラレア枠、

  各ツアーで全カップを制覇した時に一度だけ打ち上げられるオールクリアドカン、

  メダルショップのウルトラレア枠のドカン、マルチプレイドカン、

  ゴールドパスを3ヶ月連続で続けた時の継続特典から出現するものです。

  また、「☆」が入っているキャラやカスタムは

  初めて登場した時から恒常モノだった事を示します。)

(※2022年10月のバトルツアーで恒常モノが84種類増加しました。

  書き忘れていたくろヨッシーターボを追加し、

  同ツアーの全84種類の恒常を加筆しました。)

[キャラクター]

ほねクッパ [ニューヨークツアー]

メタルマリオ [ニューヨークツアー]

☆キノピーチ [ニューヨークツアー]

ポリーン [2019ファイナルツアー]

☆アイスマリオ [アイスツアー2020]

・ピンクゴールドピーチ [ピーチツアー]

ボムキング [ロゼッタツアー]

・くろヨッシー [ベルリンツアー]

ファンキーコング [ネコツアー2021]

☆ネコピーチ [ネコツアー2021]

・ペンギンルイージ [クッパVSドンキーコングツアー]

ディクシーコング [クッパVSドンキーコングツアー]

トッテン [クッパVSドンキーコングツアー]

・キャサリン(くろ) [マリオVSピーチツアー]

・しろヨッシー [シドニーツアー 2021/9]

・ピーチ(ウィンター) [ホリデーツアー]

・ピーチ(探検家) [シンガポールツアー]

キノピオ隊長 [スカイツアー]

クッパJr.(海賊) [スカイツアー]

ワリオ(ガンマン) [ヨッシーツアー2022]

・ネコキノピオ [ヨッシーツアー2022]

・ブル [ピーチVSクッパツアー]

・デイジー(スイマー) [オーシャンツアー]

・ヘイホー(パティシエ) [バトルツアー]

ポリーン(パーティ) [バトルツアー]

キノピオ(パーティ) [バトルツアー]

・ゴールデンノコノコ(レース) [バトルツアー]

ベビィピーチ(エンジェル) [バトルツアー]

・マリオ(クラシック) [バトルツアー]

ルイージ(クラシック) [バトルツアー]

キノピコ(探検家) [バトルツアー]

・ファイアロゼッタ [バトルツアー]

・ジュゲム(パーティ) [バトルツアー]

ポリーン(ローズ) [バトルツアー]

・マリオ(レーサー) [バトルツアー]

カメック [バトルツアー]

タヌキマリオ [バトルツアー]

・タヌキロゼッタ [バトルツアー]

・ネコロゼッタ [バトルツアー]

・マリオ(パイロット) [バトルツアー]

・キャサリン(しろ) [バトルツアー]

・デイジー(ファーマー) [バトルツアー]

[マシン]

Bダッシュ [ニューヨークツアー]

☆ビートデイモン [ニューヨークツアー]

☆ターボ・ワン [トーキョーツアー]

☆マッハクイーン [ハロウィンツアー2019]

☆ワイルドスター [ウインターツアー2019]

☆レッドBダッシュ [ロンドンツアー]

☆ワルビデール [2019ファイナルツアー]

☆Pウイング [アイスツアー2020]

☆パワードーザー [エクストリームツアー2020]

☆アオリンゴー [フラワーツアー]

☆サバイバルバギー [ジャングルツアー]

☆バナナマスター [ジャングルツアー]

☆ドクリンゴー [クッキングツアー]

☆ピンクウイング [ピーチツアー]

☆キングクッパ [探検ツアー]

ライガーホットロッド [探検ツアー]

☆サンドランナー [ウェスタンツアー]

☆ばんがしら [夏祭りツアー]

☆ホージロー [ロサンゼルスツアー2020]

☆ターボ・グリーン [ロサンゼルスツアー2020]

☆スーパースター [1stアニバーサリーツアー]

スティールダイバー [マリオVSルイージツアー2020]

パステルマカロン [ロゼッタツアー]

・スパイダッシュ [ロゼッタツアー]

☆ネコクラシカル [ネコツアー2021]

☆アイスランナー [スノーツアー]

・チョコマカロン [パリツアー2021]

・ワイルドピンク [マリオVSピーチツアー]

・くろキャサリンターボ [カメックツアー]

・アイアンキューカンバー [シドニーツアー 2021/9]

・イムティーラ [ホリデーツアー]

・キャロケット [ワリオVSワルイージツアー]

クロネコクラシカル [ワリオVSワルイージツアー]

・ドリーミーエッグ [Miiツアー]

・ピンクドーザー [Miiツアー]

・グレネコクラシカル [Miiツアー]

・ブラックドーザー [ヨッシーツアー2022]

・メカメックほうき [ヨッシーツアー2022]

・サニーサーフライド [パックンツアー]

・ブラックヴァンパイア [オーシャンツアー]

・ホワイトモービル [アイスツアー2022]

・スニーカート [クッパツアー]

・プラチナキャビン [アニバーサリーツアー2022]

・ガタゴトロッコ [アニバーサリーツアー2022]

・ブラックBダッシュ [バトルツアー]

・ターボ・ブラック [バトルツアー]

・ブラッククイーン [バトルツアー]

・ゴールドポッポ [バトルツアー]

ラディッシュロケット [バトルツアー]

・ビビッドビデール [バトルツアー]

・プリンスチャーム [バトルツアー]

・リンリンゴー [バトルツアー]

スノーモービル [バトルツアー]

・ワイルドブラック [バトルツアー]

・プリンセスコーチ [バトルツアー]

・ローズクイーン [バトルツアー]

・レッドキャビン [バトルツアー]

・ブルーサイダー [バトルツアー]

・ダークバギー [バトルツアー]

・パイレーツホージロー [バトルツアー]

・シルバーマグナム [バトルツアー]

・キングブラック [バトルツアー]

・たそがれぐも [バトルツアー]

・ローズキャビン [バトルツアー]

BダッシュMk.2 [バトルツアー]

・しろヨッシーターボ [バトルツアー]

サクラサク [バトルツアー]

・ジェットクルーザー [バトルツアー]

・ハイパーホットロッド [バトルツアー]

・ロマンスデイモン [バトルツアー]

・キューピッドアロー [バトルツアー]

・ジュークライド [バトルツアー]

・ワカバナナバギー [バトルツアー]

・プロペライダー [バトルツアー]

・しろキャサリンターボ [バトルツアー]

・くろヨッシーターボ [バトルツアー]

・ドラゴンフライ [バトルツアー]

ファイアフライ [バトルツアー]

・ぶーぶーカート [バトルツアー]

・クリームネコクラシカル [バトルツアー]

・トロピカルトラック [バトルツアー]

[グライダー]

☆ゴールドカイト [ニューヨークツアー]

☆バサバサカイト [ニューヨークツアー]

☆もくもくバルーン [トーキョーツアー]

☆おりづる [ニューイヤーツアー2020]

☆ハートバルーン [バレンタインツアー]

☆ユーヤケチョーチョ [フラワーツアー]

☆ピンクゴールドかみひこうき [フラワーツアー]

☆トロピカルカイト [ジャングルツアー]

☆イチゴドーナツ [クッキングツアー]

☆グレートセイル [パイレーツツアー]

☆おめんやさん [夏祭りツアー]

・スターシューター [2021ニューイヤーツアー]

ほねクッパばんがさ [2021ニューイヤーツアー]

・シルバーシューター [ベルリンツアー]

・シルバーベル [ピーチVSデイジーツアー]

・ふぶきバルーン [スノーツアー]

・8-bitスター [スノーツアー]

・バタフライウイング [忍者ツアー]

・にくきゅうバルーン [シドニーツアー 2021/4]

・ブラックセイル [マリオVSピーチツアー]

・スイスイマンタ [ひんやりツアー]

・ゆうやけバルーン [スペースツアー]

ヒナギクフラワー [ホリデーツアー]

・くろにくきゅう [ホリデーツアー]

・ピンクスターセイル [ペンギンツアー]

・シルバーサーフマスター [シンガポールツアー]

・ドラゴンウイング [ワリオVSワルイージツアー]

スノークリスタル [ワリオVSワルイージツアー]

・はるかぜ [ロサンゼルスツアー2022]

・ナナイロアゲハ [Miiツアー]

・ロイヤルパラシュート [武者ツアー]

・トレジャーマップ [ヨッシーツアー2022]

・メテオバルーン [ヨッシーツアー2022]

・キャンドルサービス [ネコツアー2022]

・パタウイング [ネコツアー2022]

・イチゴクレープカイト [メトロポリタンツアー]

・みけパラフォイル [アイスツアー2022]

・キラシュート [バトルツアー]

・バサウイング [バトルツアー]

・あまぐもバルーン [バトルツアー]

・はなびパラシュート [バトルツアー]

・スノーパラソル [バトルツアー]

・レインボーシューター [バトルツアー]

・バナナパタレット [バトルツアー]

・チョコドーナツ [バトルツアー]

・バナナクレープカイト [バトルツアー]

ゲッソーパタレット [バトルツアー]

・プラネットカイト [バトルツアー]

・ローズパラソル [バトルツアー]

・シルバーマンタ [バトルツアー]

・サーフマスター [バトルツアー]

・ドリームグライダー [バトルツアー]

・シップハンドル [バトルツアー]

・タヌキパラフォイル [バトルツアー]

・ヴァンパイアウイング [バトルツアー]

・ピンクゴールドメテオ [バトルツアー]

・ネコパラフォイル [バトルツアー]

クロネコパラフォイル [バトルツアー]

ルイージパラフォイル [バトルツアー]

・ダブルウイング [バトルツアー]

・アンティークブック [バトルツアー]

・デビトパーズ [バトルツアー]

・キャンドルケーキ [バトルツアー]

・バタープレッツェル [バトルツアー]

・パックンバルーン [バトルツアー]

 

恒常カスタム 全188種類(2022年10月5日現在)