カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

ドンキーコングにまつわるマリオカート64のトリビア (2017年リメイク版+α)

f:id:wario-1021:20170722170208j:plain

(※この記事は2013年に書いた記事のリメイクです)

ドンキーコングは、マリオカートシリーズではマリオカート64より参戦しており、

以降レギュラーとしてほぼすべての作品に参戦しているレギュラーだが、

この参戦の裏で実はある「差し替え」があった。

f:id:wario-1021:20170722135631j:plain

その「差し替え」とは何か。それは今から20年以上前、

マリオカート64が当時『スーパーマリオカートR』と仮称されていた頃までさかのぼる。

f:id:wario-1021:20170722135638j:plain

そう、実は当初カメックが参戦する予定だったのだ。

f:id:wario-1021:20170722135625j:plain

開発中だったスーパーマリオカートRでは、カメックに専用のグラフィックも設けられていた。

若干見えづらいが一番左がカメック

f:id:wario-1021:20170722135644j:plain

ところが、マリオカート64として製品化するにあたりカメックが没となり、

そこに現在のドンキーコングが参戦する形になった。

なお、カメックが没になった理由は「地味だから」だったそうだ。

f:id:wario-1021:20170714213630j:plain

その後、ドンキーコングは以降のシリーズでもレギュラーキャラとして頻繁に参戦している。

外伝作で出ていない例を除きすべての作品で初めから使える重量級キャラであり、

両極端な性能のクッパよりバランス重視の性能に分類される事が多い。

ディディーコングファンキーコングなど、コングファミリーも一緒に参戦した事もある。

f:id:wario-1021:20170722141701j:plain

一方のカメックはというと、64で没になったきり現在に至るまで1度も参戦がない。

マリオカートアドバンスではクッパキャッスル3の背景で出演、

マリオカートWiiでは軽量級バイク、ライド・オン・カメックが登場、

マリオカートアーケードグランプリDXでもクッパキャッスルの背景出演のみにとどまっている。

ドライバーとしてはずっと参戦できずにいた…が、

64から四半世紀が過ぎようとしていたある日…

f:id:wario-1021:20210918145755j:plain

2021年8月25日、スマートフォンアプリのマリオカートツアーで、

ついにカメックがドライバーとして参戦した!!

かつて64で没になってから実に25年越しで参戦できた事になる。

ドンキーコングも引き続き参戦しているため、彼と一緒に走れる機会もある。

期間限定のウルトラレアのキャラクターであり、カメックツアーのピックアップ、

または同年12月のホリデーツアーのコインボックスドカンからランダムで手に入れる事ができた。

スペシャルアイテムはコインボックスで、前方に大量のコインをばらまく。

長い事ゲットできるシーズンが限られた期間限定のキャラクターだったが、

2022年10月のバトルツアーからついに恒常で手に入れられるキャラクターになったため、

以降は金色のドカンから低確率ながらもゲットできるチャンスがある。

 

f:id:wario-1021:20170728231952p:plain

 

ちなみにスーパーマリオカートで参戦していたドンキーコングJr.は初代ドンキーコングの息子。

現在おなじみのドンキーコングは初代の孫であり、Jr.とは別人である。

ドンキーコングJr.スーパーマリオカート以来しばらく参戦していなかったが、

2020年9月9日にマリオカートツアーでドット絵の姿で限定キャラとして28年ぶりに復活。

その後はいくつかのツアーでシーズン中間のドカンから出るキャラとして復刻されたり、

ピックアップショップで150ルビーで交換できるキャラクターとして不定期に並んでいたりする。