カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

突っ走れ!コース追加パス第1弾~第3弾

マリオカート好きの皆さんなら既に知っての通りだと思いますが、

2022年2月10日朝のNintendo Directマリオカート8デラックスに5年越しに追加コンテンツが登場、

主に歴代シリーズのコースが多数追加され、配信される事が発表。

3月18日に第1弾が配信、8月5日に第2弾が、12月8日に第3弾が配信されました。

1回につき8コースずつ追加され、最終的に48コースが追加されるんだとか。

よく言われているけど追加される数がおかしいんよな。

もはや新作レベルだし既存コースと合わせると96コースにもなっちまうんだ。

(+8デラックスで新たに追加されたバトルコースを含めると104コース)

[第1弾]

・Tour パリプロムナード

マリオカートツアーの都市コースがついに家庭版で走れるようになりました。

今まで都市コースやツアーのオリジナルコースは限られたシーズンしか走る事ができなかったので、

コース追加パスを買っていればいつでも走れるのは嬉しい事この上なし。いいぞもっとやれ。

マリカツアーの都市コースはコース1~3でそれぞれ決められたルートを2周していましたが、

8デラックスではこれが一味も二味も違う。8デラックスの都市コースは、

なんとこれまで走ってきたコース1~3がすべて走れる特別仕様になっています。

基本的にはコース1とコース3の複合体となっていますが、3周目に入ると…!?

3DS キノピオサーキット

マリオカート7の最初のコースがしばらくぶりの再登場。

ツアーでも2019年のリリース初期からあるコースで、ディテールもツアーに準拠しています。

というかTour出展でないコースも主にはツアーで出た時に準じたディテールとなっており、

Switch向けに大幅なブラッシュアップがなされています。

後述のDS キノコリッジウェイ以外はいずれもツアーに存在しており、

ディテールもツアーと共有しているため、今後もツアーにあるコースが中心に抜擢されるのかも。

8デラックスでは基本的に従来と同様にちゃんと3周走るようになっていますが、

このキノピオサーキットは全長が長くないので一瞬の被弾が命取りになりかねず、

ならばと打開を狙うにしてもレース時間が短いので急いで大逆転しないといけない。

シンプルながらも奥が深い戦略が問われてきます。

N64 チョコマウンテン

原作の64やDSのリメイクから景観がガッツリ変わりました。

昔だったら最初のトンネルはサッとくぐって終わりだったのが、

新しいチョコマウンテンはトンネルを入ると鉱石が輝く長い洞窟へと続いています。

洞窟を抜けるとグライダーで峡谷を滑空していきますが、真下は奈落なので撃ち落としに注意。

道幅も広くないので、ボムへいが猛威を振るいます。

その先に待ち構えているおなじみの落石地帯はおおよそ今まで通りか。

Wii ココナッツモール

伝説のコース、ここに蘇る。マリオカート7以来11年ぶりの登場です。もうそんなに前なの。

外装も内装もまるごと新しくなり、昔より落ち着いた印象を受ける景観になりました。

…それとは裏腹に、過去作と比べてコース幅がけっこう狭くなっているので、

150ccですらコーナリング中にドリフトブレーキを強いられる事が多々あるかも。

かつてみんなのトラウマとよく言われた、駐車場を動き回るMiiの車は

8デラックスではMiiではなくなり、代わりにヘイホーが乗って応援するようになりました。

昔と違ってヘイホーが乗っている車なら暴走しなくなり、

駐車場のエリアは大人しくなった…と思っていたのか? そう思ったのもつかの間、

なんと8月5日のアップデートでグランプリとVS限定でヘイホーの車が時折暴走するようになり、

車が激しくドリフトしながらグルグル回っている所にぶつかると

盛大にクラッシュするように変更されました。ちょっと待てや。

後発でマリオカートツアーでも5月4日に追加されたんですが、

そっちのヘイホーの車のほうがシリーズの中でも一番穏やかだとはこれいかに。

(ツアー版はのんびりと車を前後に動かしていて、ぶつかっても少し減速するだけ)

・Tour トーキョースクランブル

ニューヨークドリーム、トーキョースクランブル、パリプロムナードは

マリオカートツアーでも初期の頃から存在した元祖3大都市コースでした。

その中でもトーキョーはツアーでも走れたシーズンがそこそこ多く、

都市コースでは最もよく走れたコースじゃないでしょうか。

そんなトーキョースクランブルが8デラックスでいつでも走れるように。

パリプロムナードと同様、コース1~3が統合された特別仕様で、

1周目に国会議事堂の横を走るコース1のルートを走り、

2周目にコース2の浅草神社の雷門を通り抜け、

3周目は最後にコース3の首都高速道路のルートを走り抜けていきます。

何故かところどころでドッスンが邪魔してくるので踏み潰されないようにしましょう。

・DS キノコリッジウェイ

実にマリオカートDS以来17年ぶりのリマスター。

車は両方の車線がカートと同じ進行方向に走るようになっていたり、

コース中盤の花畑を突っ切るショートカットではグライドボードが追加されていたりと

現代向けに走りやすい工夫が多数なされています。

マリカツアーでは未だに登場していないコースでもあったりします。

コースの最後には新たに気流を伝っていくショートカットが追加。

これがけっこうな短縮になるので強力な追い上げに繋がります。

ただし十分な速度がないとそのショートカットは成功しないので注意。

GBA スカイガーデン

2022年1月末にマリカツアーの今後の新コースとして存在が仄めかされ、

GBAのスカイガーデンなのかマリカ8のスカイガーデンなのか考察が飛び交いましたが、

その直後にこのコースが追加パスで配信される事が発表され、

それと同時に最初に仄めかされていたコース背景がGBA版のスカイガーデンである事が確定。

ツアーで少し走った後すぐに8デラックスでもそれと同じ形状のコースが走れるようになるなど、

何かと異色の経歴持ちなスカイガーデンだったりします。

形状はマリオカートアドバンスやDSの時からガラリと変わり、

コースの随所に高低差が付け加えられています。

これはマリオカート8以降のN64GBAのコースに多くありがちな特徴で、

とくにGBAは原作や7以前のリメイクでは高低差がない作りだったものが、

8以降は高低差を加えたりしてガッツリアレンジする路線を歩んでいるらしい。

こうした魔改造GBAに多い気がしていたんですが、

振り返ってみるとN64のコースもチョコマウンテン然りだいぶ派手な事してるなと。

ちなみにツアー版と8デラックス版では床の色や遠景が大きく異なっています。

・Tour ニンニンドージョー

マリオカートツアーで初登場した都市以外のオリジナルコース第2弾、

ニンニンドージョーが8デラックスでいつでも走れるようになりました。

オリジナルコースの筆頭はメリーメリーマウンテン。第3弾以降で来るのだろうか。

実はここ、マリオカートツアーだとそれまでわずか2シーズン(4週間)しか走れなかった

ほぼ幻に近い存在のコースと化していました。

直後に開催された武者ツアーを含めても3シーズンなので、ツアーでは6週間しか走れていません。

道場に入るといくつもの分岐が待ち構えている迷路のようなコースで、

居間には手裏剣が痛い釣り天井や風車など仕掛けもいっぱい。

おじゃまキャラのにんじゃヘイホーもちょくちょく行く手を阻んできます。

走り方がギミックに左右されやすいコースでもあるので、多少の慣れが要るかも。

[第2弾]

・Tour ニューヨークドリーム

パリプロムナードやトーキョースクランブルから少し遅れてニューヨークも登場。

リリース初期はこのニューヨークがメインの舞台だったので

以降も積極的に出る…かと思ったらそんな事はなく、あとは2019年末のホリデーシーズン、

リリース1周年と2周年のツアーの計4シーズンでしか登場しませんでした。

22年9月現在までの全78シーズン通してたった4回しか出ていないので、

8デラックスに来る前のニンニンドージョーと同様、幻のコースになりかけていました。

そんなニューヨークドリームもコース追加パスで来た事でいつでも走れるように。

トーキョースクランブルと同様、3周かけてコース1~3を1周ずつ走る特別仕様。

ツアーと比べると路面が濡れていてだいぶ滑りやすくなっているので気を付けましょう。

SFC マリオサーキット3

実はマリオカート8としてはSFCマリオサーキットが来るのは初めて。

シリーズ初代のSFCコースはここまでバトルコース含めて4コースある事になりますが、

派手なアレンジを施すN64GBAとは異なり、こちらはおおよそ当時に準じた再現となっています。

なのでショートカットやギミックも大方は当時と同じ使い方ができます。

ところどころにオイルが撒かれているので滑ってしまわないように気を付けて。

今までのSFC マリオサーキットのリメイクと比べると

背景が深く描き込まれていてかなり賑やかになっているのも特徴です。

N64 カラカラさばく

昔、原作やマリオカート7正規ルートではない線路の中を走って遊んだ事はありませんか?

8デラックスのN64 カラカラさばくは、なんと線路の中が正規ルートになっちゃった。

途中から驚きの方法で線路に入っていきます。

それ以外はだいたいマリオカート7に準じたものになっているので、

7で追加されたグライダーのショートカットもそのまま残っています。

線路を走っている汽車は従来通りぶつかるとクラッシュしてしまうので、

マリオカートツアーでN64 カラカラさばくを遊んでいた皆さんは気を付けましょう。

・DS ワルイージピンボール

マリオカートDSや7でも屈指の人気コースなワルイージピンボール

マリオカートツアーでは景観がごっそりリニューアルされていたので、

新しい景観のワルイージピンボールが逆輸入される事をずっと待ち望んでいました。

このコース何よりの特徴は、ピンボール台をテーマにしているのも勿論なんですが、

アイテムボックスを通過した時やダッシュ板を通った時などに

ワルイージピンボール専用の効果音が流れる事。8デラックスでも軒並み再現されています。

・Tour シドニーサンシャイン

ツアーではパリプロムナードが3番目の都市コースとして出た後、

4.ロンドン→5.バンクーバー→6.ロサンゼルス→7.ベルリン→8.シドニー…という順番で

新しい都市コースが出ていたんですが、

まさかロンドンからベルリンまですっ飛ばしてシドニーが真っ先に来るとは思わなかった。

(※シドニーから先は9.シンガポール→10.アムステルダム→11.バンコクと出ている)

8デラックスのシドニーサンシャインはコースを3周する過程で

1周目でコース1を、2周目ではコース3と2の複合を走り、

3周目では最初に走ったコース1を逆方向に走っていきます。

走行時間はけっこう長いので気を抜けない時間も長い。

実は2周目前半に走るコース3のルートは8デラックスのほうが早いお披露目でした。

マリオカートツアーでシドニーを走った経験がある人達はみんなビックリ。

私事ですが、私はこのシドニーが都市コースの中で最も思い入れが深いので、

このコースは相応に極めていきたいと思っています。

GBA スノーランド

第1弾のキノコリッジウェイに続く初リメイク/リマスター枠。

原作のマリオカートアドバンス以来なので実に21年ぶりですね。…ってもうそんなに前か!

今まで8では派手な魔改造が多かったGBAコースですが、

スノーランドは高低差を付けた事以外は原作のテイストがかなり保たれていて、

アレンジされたBGMもかなり原作に準じています。

コース形状が8デラックス向けになった事で新しいショートカットもいくつかあるので、

ダッシュキノコなどの加速アイテムを持っている時に試してみてはいかが?

Wii キノコキャニオン

8デラックスではドリフトしながらトランポリンに乗って行える「7D」なるテクニックがあるので

コース追加パスで来るならどうするんだとよく言われていましたが、

8デラックス向けにトランポリンキノコの配置が少し変更されてやってきました。

それと同時に原作のWiiのみに存在していた最序盤のショートカットが復活。

洞窟の中のトランポリンキノコも内訳が少し変わった事で、

グライダーが出る青いキノコは安定感が向上しました。

マリオカート7やツアーの時は青いキノコを通るルートが遠回りに存在し、

なおかつ青キノコから先しばらくが奈落…と無駄にリスクが高かったので大改善ですね。

もう何も怖くない(フラグ)

・新コース アイスビルディング

あれ、追加されるコースは歴代シリーズからって言っていなかったっけ?

マリオカート8で最後に新規のレースコースが追加されたのは2015年4月23日だったので、

実にその時以来7年ぶりとなる最新コースです。もうそんなに経っちまったのか。

周りがアイスクリームでいっぱいのカラフルで美味しそうなコースで、

8デラックスでは終始反重力で走り抜けていきます。

初見で走っていると落ちそうでハラハラする局面が多いです。

反重力につき空中でもとっさのハンドル回しが効くので上手くスティックを傾けましょう。

後にマリオカートツアーでも8月10日~24日の2週間走る事ができました。

そっちではアイスクリームバン、チョコバナナアイスバン、

ストロベリーソフトといった美味しそうなマシンも出ていたんだよなあ。

[第3弾]

・Tour ロンドンアベニュー

マリオカートツアー4つ目の都市コース、ロンドンアベニューが第3弾で登場です。

なんだか凄まじく入り組んだマップになっており、まるで迷路のようだ。

ツアーのルート的には1→2→3Rの順番で走っていく模様。

1周目も2周目も鎖に繋がれたワンワンが襲い掛かってくるので要注意。そして3周目では…!?

GBA テレサレイク

マリオカートツアーで2022年10月のハロウィンで1シーズンだけ実装された、

大幅に魔改造されたテレサレイクが早くも8デラックスに登場です。

なんと8デラックスの追加コースにおいて初の水中エリアが存在しているコースとなります。

なんならWiiUの追加コンテンツ、8デラックスのバトルコース、

コース追加パス第2弾までで出た40コースに何一つ水中コースがなかったので

そういう意味ではテレサレイクは本当に貴重な1コースなんです。

古びた橋の分岐を抜けるとカートが反重力仕様になり、

坂道の急カーブの後のジャンプ台から水没した道へと潜っていきます。

3DS ロックロックマウンテン

マリオカート7フラワーカップの最終コースとして初登場、

マリオカートツアーでは景観を新たにリリース初期から出ていたロックロックマウンテン

マリオカート8デラックスではその景観で追加コンテンツの新コースとしてご無沙汰の登場です。

8デラックス版は森の中で鳥のさえずりなどの環境音が加わっていまして、

走っている中でマリオカート7の時を思い出してすごい懐かしくなりました。

コース最後の急な登り坂はマシンを反重力モードにして登っていきます。

Wii メイプルツリーハウス

第1弾で言うココナッツモール、第2弾で言うワルイージピンボールに相当する枠ですね。

人気コースは追加カップの奇数番目の最後のコースに割り当てられるらしい。

景観やレイアウト自体は2020年にマリオカートツアーでリメイクされたものが採用されており、

Wiiハーフパイプと7の最後の滑空エリアが共存しています。

それにしてもディテールが凄まじく綺麗に生まれ変わっていて私ゃおったまげた。

落ち葉からは時々ダッシュキノコが出てくる事があるので、積極的に拾いに行きましょう。

バナナやコインはまったく出てこなかったので、8DXではそもそも出なくなったのかな?

・Tour ベルリンシュトラーセ

2021年1月に実装されたての頃はいきなり出たコース2を2回走った程度だったのに

翌年6月になってから突然コース1が実装、9月にはコース3が実装、

そして12月にはこの8デラックスの追加パス第3弾にめでたく登場!

この都市コース、2022年に入ってからの快進撃が凄いです。

コース2からの登場だったためか1周目に走るのはコース2のルート、

2周目はコース3のルートを走り、途中からコース1の一部分を使って走路を逆方向にして

最後の3周目でコース1のルートを走っていきます。

街中には車がたくさん走っているため、衝突には要注意。

3周目でエンカウントするバッタンはまさかベルリンの壁の崩壊を意味している…?

ちなみにバッタンマリオカートでは今の所このベルリンでだけの登場です。

・DS ピーチガーデン

なんか14年ぶりに帰ってきたピーチガーデン、HDでめっちゃ綺麗になっていない!?

ピーチ姫のステージがすごいおしゃれな外観になってリマスターされました。

庭中を散歩しているはぐれワンワンに気を付けながら走っていく点はおおかた昔と同じ。

終盤には新たに巨大パックンフラワーが生息しているので気を付けましょう。

何やら都市コースで見られた電光の矢印がいくつかの場所で怪しげに灯っているようだが…?

・Tour メリーメリーマウンテン

マリオカートツアーがシリーズ初登場のオリジナルコースの筆頭、

メリーメリーマウンテンが満を持してクリスマスシーズンに8デラックスで登場です。

ツアーではそのテーマ故にほぼクリスマスシーズンしか走れなかったコースなので

今度は追加パスさえお買い上げしてしまえばいつでも走れるって事ったあ。

クリスマスのデコレーションが美しい幻想的な雪山を高く駆け上がり、

最後は反重力で急な下り坂を降りていきます。下り坂手前のハーフパイプもしっかりと完備。

途中で何度か出会う事になる空を走る列車もクリスマス仕様になっています。

3DS レインボーロード

コース追加パス前半のラストを飾るコースはマリオカート7レインボーロード

待って!? 虹色の床の質感がやばいぐらい綺麗なんですけど!?

この3DS レインボーロードのレイアウト自体はマリオカートツアー準拠なのですが、

床の質感が完全に別物になっていますし、なんだこの綺麗さ。美しすぎて言葉が出ん。

もちろん全体のディテールもSwitch向けに大幅にブラッシュアップされています。

原作と同じように3セクション目のBGMがサビ部分から始まるのもポイントが高い。

走り方はおおかたマリオカート7やツアーと同じで良いですが、

当時存在していた崖を飛び越えるタイプのショートカットは全部使えなくなっているので要注意。

[第3弾までのアップデートによる主な変更点や新要素]

コース追加パスの配信に伴う久しぶりのソフトアップデートにより、

Ver.1.7.2までからゲームバランスで大きく変わった部分があるのでいくつか紹介。

第1弾の時はアイテムボックスが割られてから復活するタイミングがかなり短くなりました。

第2弾ではそれがさらに短縮され、後発だったマリオカートツアーに近い仕様に。

同じく第2弾ではカスタマイズによる重さのステータスに調整が入り、

今までは小数点切り捨てになっていた重さが切り捨てられなくなりました。

第3弾では滑空中にサンダーを食らった時にグライダーが閉じなくなりました。

今までサンダーで滑空中のライバルを撃ち落とす、通称・落とサンというものが

あまりにも凶悪だったので突然それに制裁が入った事になります。

実はこれも後発のマリオカートツアーに準じた仕様変更だったり。

そして第3弾のアップデートでは『アイテムスイッチ』なるものが追加。

VSレースやバトルで好きなアイテムしか出ないように設定できる機能で、

設定の仕方次第ではトゲゾーやキラー、サンダーだらけになるとんでもない絵図になる事も。

ちなみにオンラインの大会やフレンド戦、ローカル通信にも対応しています。

 

(※第4弾以降は配信され次第のんびり更新するかも)