カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

マリオカートシリーズ ヒストリー オブ ディディーコング(2003~2019)

マリオカート ダブルダッシュ!!(2003)

f:id:wario-1021:20191003195714p:plain

ディディーコングマリオカートに初参戦。

2作前のマリオカート64から参戦しているドンキーコングのパートナーキャラクター。

50ccまたは100ccのライバルCPUは基本的にドンキーとペアを組んでいる。

ドンキーとディディーの専用アイテムはジャンボバナナ。

巨大なバナナをコース上に設置してライバルを妨害するアイテムで、

妨害した後も普通のバナナ3つに分裂するという厄介さを持つ。

重量級のドンキーとは対照的に、ディディー単独では軽量級キャラであるため、

ペアを組ませるキャラクター次第で軽量級や中量級のカートに乗る事が出来る。

f:id:wario-1021:20190921121428j:plain

ディディーコング向けのカートはタルポッポ。

軽量級カートでありながらトップスピードが非常に速く、グリップ性能も優秀。

悪路走行の性能も良好で、総合的な性能がとにかく高い。

名前と見た目だけあり、エンジン音やクラクションも蒸気機関車のようなものになっており、

ダッシュミニターボ中に出る炎も煙突から出る。

マリオカートアーケードグランプリ1、2(2005、2007)

f:id:wario-1021:20191003200051j:plain

DKカップのコースのスタート地点で、DKの旗を振っている応援キャラクターとして登場。

(天候変化で雨が降っていようが頑張って応援している)

レース後の表彰式でも、おおよそ左下で少しだけ姿を見る事ができる。

また、とあるエンディングイラストではバナナン遺跡の中でバナナを食べている。

マリオカートWii(2008)

f:id:wario-1021:20191006155914j:plain

久しぶりにドライバーとして参戦。今作は中量級キャラクターに変化。

加速やドリフトやミニターボの性能が高く、ハンドルを切った時の減速も比較的少なめ。

とくにミニターボの性能上昇はキャサリンと並んで高く、

積極的にドリフトをして持続の長いミニターボでライバルを引き離す立ち回りが得意。

両方の性能に秀でたノスタルジアやワイルドスター、マッハ・バイク等とは相性が良い。

マリオカート7(2011)

f:id:wario-1021:20150206104017j:plain

ダブルダッシュディディーコングの愛機だったタルポッポが単独で登場。

引き続き総合的な性能が高く、地上や空中では速いスピードを誇る。

オフロード性能も安定しているが、水中の走行がかなり苦手。

なお、ディディーコング本人はここから長い事一切登場せず、

次回作のマリオカート8(2014)およびマリオカート8 デラックス(2017)は姿形なし。

マリオカートアーケードグランプリDXも2018年アップデートで

新しいDKカップが登場したが、ディディーはカメオ出演さえしなかった。

マリオカートツアー(2019)

f:id:wario-1021:20191003161708j:plain

最後に参戦したマリオカートWii以来、11年ぶりの復活。

ドンキーコングと一緒に配信初期から実装されており、レアリティは少し高い部類。

愛機のタルポッポも復活、ダブルダッシュ以来にディディーコング本人を乗せる事が出来る。

スペシャルアイテムはバナナバレル。コース前方に大量のバナナをばら撒いて攻撃する。

前を走るライバルを大きく妨害できるが、発射したバナナを自分が踏まないようにも注意。

(ドンキーのスペシャルアイテムはダブルダッシュ同様ジャンボバナナなので、差別化されている)