カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

マリオカート8デラックス 新しいバトルモード『パックンvs.スパイ』の紹介

f:id:wario-1021:20170502013734j:plain

何だこの新バトル!? とても楽しいぃぞぉ!

マリオカート8デラックスより追加された新規ルールのバトルモード『パックンvsスパイ』、

これがハチャメチャで面白い。そんな白熱の新バトルをこの記事で詳しくご紹介。

f:id:wario-1021:20170502115632j:plain

『パックンvsスパイ』は、参加プレイヤー達が

逃げる側と捕まえる側の半々のチームに分かれて戦う新規のバトルモード。

最大人数の12人ならば6vs6で戦うチームバトル。

f:id:wario-1021:20170502115326j:plain

捕まえる側のパックンチームはパックンフラワーをカート手前に装備し、

ステージ内を逃げ回るスパイチームを捕まえていくのが目的。

スパイチームのプレイヤーが近くにいると、パックンの頭のサイレン灯が点灯する。

f:id:wario-1021:20170502010635j:plain

このようにスパイのプレイヤーをパックンフラワーで捕まえると牢屋に閉じ込める事ができる。

スパイチームのプレイヤー達を制限時間内に全員牢屋に閉じ込めれば捕まえる側のチームの勝利。

f:id:wario-1021:20170502153957j:plain

ただし、一筋縄ではスパイは捕まらない。

攻撃アイテムをスパイにぶつけてひるませ、パックンで捕えるべし!

スパイの正面から挟み撃ちする手段もアリ。

f:id:wario-1021:20170502010845j:plain

スパイチームは制限時間まで1人でも逃げ切れば勝利!

捕まってしまった仲間は牢屋の下にあるスイッチを押す事で救出する事が可能。

仲間が複数人捕まっている場合は、その全員を救出できる。

f:id:wario-1021:20170502013846j:plain

仲間が捕まっている牢屋は、決まった位置に1~3ヶ所設けられる。

しかしオリの前でパックンチームが待ち伏せている事があるので、無防備で助けようとするのは危険。

f:id:wario-1021:20170502013131j:plain

スパイチームもただ逃げ回るだけでなく、アイテムを使ってパックンチームに反撃する事もできる。

パックンチームにアイテム攻撃を当てれば、相手はスピンしてひるみ、

パックンフラワーもひるんでしばらくかみつけない、ひるませた隙に仲間を救出しよう。

f:id:wario-1021:20170502010720j:plain

ついでにダッシュキノコの加速状態で牢屋を壊していけば、

仮にパックンチームの待ち伏せがいても捕まりにくいだろう。

救出された仲間は数秒間点滅してアイテム攻撃やパックンのかみつきを受け付けない。

反対にパックンチームはこうしたスパイの反撃に気を付けたい。

f:id:wario-1021:20170502112839j:plain

捕まってしまった仲間は右上のアイコンが暗い表示に。牢屋の位置はマップに表示される。

牢屋のアイコンの数字は捕まってしまった仲間の人数、

生き残っているスパイはパックンチームの不意打ちに気を付けながら仲間を助けていこう。

敵チームのアイコンは、近くにいる相手のみマップに表示されるため、

遠くに誰が待ち伏せしているかは分からない。ある程度の先読みが試される。

(パックンチームもスパイが近くにいる時のみ、マップに敵の位置が表示される)

f:id:wario-1021:20170502121835j:plain

ちなみに、各ラウンドで決着が着いて次のラウンドに進むと、

スパイチームとパックンチームの役割がまるごと入れ替わる。

前ラウンドで逃げるチームだったメンバーはパックンチームに

反対に捕まえるチームだったメンバーはスパイチームになる。

f:id:wario-1021:20170502121124j:plain

青チームがパックンチームになった際、捕まえるパックンフラワーの色も青になる。

スパイになって逃げ回る赤チームの面々を全員捕まえていくべし!

f:id:wario-1021:20170502121512j:plain

反対に赤チームがスパイチームになった際には、

牢屋や解放用のスイッチも赤くなるという細かい変化がなされている。

 

f:id:wario-1021:20170502152550j:plain

この新しいバトル『パックンvsスパイ』、対人戦がとにかく熱い!

大人数で盛り上がりたいならオススメのバトルモード、あなたもどうぞ?

なお、丁重にお断りしていてはこの楽しさは分からない。