カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

30日の闘会議に出かける計画

f:id:wario-1021:20160124204754j:plain

ネス

「なるほど、カオスマリオM7は30日にこのイベントに行きたいんだね。」

ミュウツー

「しかしアイツ1人だけで大丈夫か!?」

マリオ

「この『ニコニコ闘会議2016』の会場って、

 ここからだいぶ遠い所だよね。」

闘会議2016 ~ゲーム実況とゲーム大会の祭典~

f:id:wario-1021:20160124204906j:plain

リュカ

「そもそも会場の『幕張メッセ』ってどこにあるんですか?」

ルイージ

次世代ワールドホビーフェアの関東大会会場と同じ場所だね。

 電車で2時間ぐらいの所だよ。」

f:id:wario-1021:20160119232619j:plain

ガノンドロフ

「遠いな、オイ!!」

f:id:wario-1021:20160124205136j:plain

リトル・マック

「そんな遠い所までアイツを行かせて平気なのか!?」

ミュウツー

「そうだ。あんな遠い所まで行って、何がしたいんだ!?」

ルイージ

「そこは大丈夫さ。M7は以前に幕張メッセまで行ってるし、行く目的もあるみたいだよ。」

f:id:wario-1021:20160124205335j:plain

ゴールドマリオ

「で、何をしに行きたいんだっけ?」

マリオ

「そうそう、ボク達は行く目的を聞いていないんだよね。」

ルイージ

「聞いた話、マリオカートアーケードグランプリDXの大会があるんだよね。」

ゲーム実況ストリート | 闘会議2016

f:id:wario-1021:20160124205534j:plain

ネス

「ふむふむ、なるほど!」

リュカ

「このマリオカートの大会に参加したいワケなんですね!」

f:id:wario-1021:20160124205941j:plain

ガノンドロフ

「あのザコ、先日のマリカーの店舗大会で

 初戦3位で予選敗退していたじゃないか!!

 それでも行きたいのか!!」

ルイージ

「勝敗関係なく、参加賞の限定デザインのカードが欲しいんじゃないかな? 対戦目的もあるけど。」

f:id:wario-1021:20160124210127j:plain

ロゼッタ

「それで…マリオカートの大会が終わったら、彼はその後どうするつもりなんですか?」

ルイージ

「確か…シオカライブを見てくるとか言ってたね。スプラトゥーン持ってないけど。」

ドクターマリオ

「シオカラーズについては知ってるんだけど、あの生ライブ、どういう感じになるんだろうね?」

ゲーム音楽ステージ | 闘会議2016

f:id:wario-1021:20160124210543j:plain

アイク

「シオカライブ…、何でもシオカラーズの2人がステージに出るというが…。」

マルス

「本人達がライブに出るのかな? それとも…?」

メタナイト

「よく分からないが、過度な期待はし過ぎないほうが良いだろう。

 悪い場合、コスプレをした人間2人が出る可能性も否定はできない。」

f:id:wario-1021:20160124210859j:plain

ヨッシー

「行き帰りそれぞれ2時間でしょ? M7は何時ごろ帰ってくるんだろう?」

マリオ

「シオカライブが夕方5時スタートだから帰宅は深夜11時ぐらいになるんじゃないかな?」

ゴールドマリオ

「M7はあの距離からして朝7時には既に出発しているかもね。」

ロゼッタ

「…とすれば、M7はその日は1日中不在になるんですね。」

f:id:wario-1021:20160124211051j:plain

ミュウツー

「あ、ピチュー。お前いたのか、気付けなかったな。ひょっとして今の話、聞いていたのか?」

ピチュー

「もちろん! 全部聞いていたよ。カオスマリオM7が30日にニコニコ闘会議に行くんだってね。」

f:id:wario-1021:20160124211723j:plain

ピチュー

「よし、じゃあボクがM7についていって

 ニコニコ闘会議のレビューをしてくるよ!!」

ルイージ

「え!? ピチューが!?」

ネス

「ノォウ!! それは危ないよ!!」(amiibo会議 番外編5参照)

f:id:wario-1021:20160111182621j:plain

クッパ

「却下ーー!! 混雑に巻き込まれた時の命が危ない!!」

f:id:wario-1021:20160124212002j:plain

クッパ

「やれやれ、まさかピチューがここまで命知らずだったとは…。」

リュカ

「ここはM7だけに任せることにしましょうか。」

アイク

「そのほうが良いだろうな。」