カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

amiibo会議 第209回 -原点回帰の話? 不思議な台座-

f:id:wario-1021:20190209144721j:plain

…。

f:id:wario-1021:20190209145003j:plain

……。

f:id:wario-1021:20190209145733j:plain

ブロリー

「…ちょっといいか?」

マリオ

「おや、この前のブロリーじゃないか。どうしたんだい?」

ブロリー

「お前達の足元にある、この不思議な丸い台座はなんなんだぁ?」

マリオ

「ああ、これの事? これはボク達フィギュア型のamiibo

 ゲームの中で読み込むために使われる台座、これがゲームと繋がるヒミツのタネなんだよ。」

ルイージ

「ボク達の台座の中にはNFCチップという機械が入っていて、

 そのチップを専用のNFCエリアで読み込ませると、ゲームと連携するんだ!」

f:id:wario-1021:20190209150138j:plain

ブロリー

NFCチップ?エリア? ゲームと繋がる…どういう事だ!?」

ルイージ

「ちょっと難しいかな。おや、ちょうどウルフが実際に読み込みをするみたいだ!」

ウルフ

「よく見ていろ、ブロリー。コントローラーごとに決められた場所に

 amiiboを読み込むNFCエリアがあるんだ、だからそこに台座を乗せればいい。

 (Joy-Conは右側のほうのスティックにNFCエリアがある。)」

f:id:wario-1021:20190209160942p:plain

ウルフ

「このようにな。こうして実際にゲームで使う事ができるんだ。」

ブロリー

「お…驚いた! それじゃ、ウルフじゃなかったら出てくるキャラも変わるのか!?」

f:id:wario-1021:20190209161015p:plain

リドリー

「この通りだ! ちゃんとオレ様が出てくる。ただし、読み込んでいる間はamiiboを動かすな!

 もし読み込み中に動かして台座の中の機械が壊れたらお前の責任だからな。」

f:id:wario-1021:20190209150641j:plain

マリオ

「他にも、それぞれのソフトで対応しているキャラクターは、

 読み込むとそのキャラにちなんだ特別なアイテムがもらえる事もあるよ。

 このように様々なゲームと繋がるフィギュア、それがamiiboなんだ!」

ワリオ

「まあ、読み込み方は駅の改札みたいな感じだな。読み込むときはしっかりかざせよ。」

ブロリー

「お…お前達、不思議なフィギュアだな!」

f:id:wario-1021:20190209151240j:plain

ブロリー

「仕組みはだいたい分かった…が、

 お前達の台座の色、黒や赤に青とけっこうバラけているな。何が違うんだ?」

ルイージ

「これはどのシリーズとして発売されているかで台座の色やデザインが違うんだよ。

 スーパーマリオシリーズは赤い台座、足元には銀のチェックがデザインされている。」

ウルフ

「オレ様は大乱闘スマッシュブラザーズシリーズから発売されたんだ。

 このスマブラシリーズは黒い台座で統一されている。」

カービィ

「ぼくは星のカービィシリーズ、台座は青。

 みんな同じamiiboだから、デザインは違っても台座の機械の仕組みは変わらないよ。」

f:id:wario-1021:20190209151946j:plain

クッパ

amiiboの台座は、シリーズ別に足元のデザインも凝っているな。」

クッパJr.

スマブラシリーズなら、その足元にスマブラのロゴが印字されている。」

ブロリー

「へぇあ!? ちょっと待て、それは…誰かを破壊してまで台座を抜き取ったのか…!?」

f:id:wario-1021:20190209152403j:plain

クッパ

「心配する事はない。これはMr.ゲーム&ウォッチamiiboで、

 あらかじめ台座からフィギュアを抜き差しできるような仕掛けになっているのだ。

 差し替えられるポーズもデフォルトを含めて4種類用意されている。」

クッパJr.

「読み込むためのNFCの機械は台座部分に入っているから、

 ポーズを差し替えて中のデータがおかしくなっちゃうって事はないぞ。

 ただし、こうやって差し替えられる仕掛けがあるのはこのゲーム&ウォッチだけだ。」

f:id:wario-1021:20190209153509j:plain

クッパ

「そして、amiiboの連動はスマブラシリーズがとても面白い!

 参戦しているキャラクターのamiiboは、ゲームデータを入れて育てる事ができるのだ!」

Mr.ゲーム&ウォッチ

「こうしてデータを入れて遊べる連動は『よみかき』の類いに入っていて、

 1体のamiiboにつき1つゲームデータを登録して遊べるんだよね。」

f:id:wario-1021:20190209161152p:plain

アイク

「その『よみかき』で遊べる代表的な例の1つがスマブラシリーズだな。

 読み込んでデータを作ると、FPとしてプレイヤーと一緒に戦ってくれる存在となる。」

f:id:wario-1021:20190209161217p:plain

ルイージ

「最初はめっぽう弱いけれど、戦っていくうちにレベルアップしていき、強くなる!

 FPは自分で考えて戦うから、育て方次第で性格や戦法も育て主によく似たものになるんだ。」

マリオ

「その育て主たちの特徴はみんな違うから、同じキャラでも育て方が違えば

 まったく違う個性的な戦法へと育っていくんだ。」

f:id:wario-1021:20190209145733j:plain

ブロリー

「つまり…俺が育てたとすれば、そのFPもやがて俺に似た性格になるのか?」

マリオ

「そういう事になるね! 文字通り、世界で1体だけのフィギュアプレイヤーになるって訳だ!」

ヨッシー

「登録できるゲームデータは1体のamiiboにつき1つだから、

 スマブラの育成データが入っているうちは

 他の『よみかき』連動のソフトのデータを入れる事ができないから気を付けてね。」

f:id:wario-1021:20190209154808j:plain

ディディーコング

「ちなみに、スマブラ以外のシリーズでもamiiboのキャラが同じなら、

 参戦しているキャラクターをスマブラで育成する事ができるよ。

 例えばマリオ、データを入れていない状態だったらマリオシリーズでも育てられるんだ。」

f:id:wario-1021:20190209155045j:plain

ワルイージ

スマブラamiiboって、もう1つ面白いコトがあるんだよな。

 それは参戦したファイターが例外なくamiiboとしてフィギュア化されるって事。

 あのペラペラなMr.ゲーム&ウォッチだってamiiboになったんだ!」

ブロリー

「お前達、本当に面白いフィギュアなんだな! 後で試しに、味見してみるか?」

ヨッシー

「いやいや、それはやめてくれ。頼むよ。」

 

-そして次回は…-

f:id:wario-1021:20181207123645j:plain

amiibo会議 第208回 -マリオカート8デラックス編・その4 『対策!パックンvsスパイ』-

f:id:wario-1021:20190120233322j:plain

ネス

「思った以上に相手チームが手強いなあ…負けが続いているや。」

リュカ

「逃げる立場になっても、上手いドンキーやキングテレサに捕まってしまうね。」

f:id:wario-1021:20190120233708j:plain

ルイージ

「どうかしたのかい?」

ネス

「あ、みんな! 今、マリオカート8デラックスでバトルモードの

 パックンvsスパイをやっているんだけど、どうやっても勝てないんだよ。」

f:id:wario-1021:20180909165536j:plain

ネス

「パックンチームになって相手を捕まえようとしても簡単に逃げられるし、

 スパイチームとして逃げ回っても近くにパックン達がいっぱい来る有様だ。」

マリオ

「えっ、そんなにやられるんだ!? これはよっぽど相手が強いのかな?」

f:id:wario-1021:20190120233846j:plain

リュカ

「スパイチームでやっと1~2回勝てるぐらいですし、どこが問題なんでしょう?」

クッパ

「…!?!?」

f:id:wario-1021:20190118230152p:plain

クッパ

「こ…これは!! オンラインのフレンド戦でやっていたのか!」

クッパJr.

「うわーーっ!!しかもブログ主のSwitchだから、フレンド方がみんな手強いぞ!!」

f:id:wario-1021:20190120234213j:plain

クッパ

「どうやら腕を鍛えている相当な猛者達を相手にしていたようだな!!」

デイジー

「すごく強くて歯が立たなかったでしょう、せっかくだし私達がコツを教えてあげる!」

リュカ

「教えてくれるんですか!? ありがとうございます!」

ヨッシー

「でもこれから言うアドバイスは必ず勝てるというものじゃないから気を付けてね。

 そもそもパックンvsスパイ自体、戦略性が毎回色んな方向に分岐しやすいから。」

f:id:wario-1021:20190121001700p:plain

ヨッシー

「画面右上に逃げるスパイと残りタイムが表示されているから

 スパイチームはこの時間いっぱいまで1人でも逃げ切ったら勝ち、

 逆にパックンチームは時間内にスパイを全員捕まえられたら勝ちになる、

 このルールは分かっているみたいだね?」

ネス

「ああ、そこは分かっているよ。そのうえで、どうも勝てないんだ。」

f:id:wario-1021:20180929135707j:plain

クッパ

マリオカートのバトルだから、アイテムを駆使する事も大事だぞ。

 アイテム攻撃を当てれば相手がひるむ、上手く攻撃を当てて相手チームを追い詰める事が重要だ!」

クッパJr.

「ただし、こうしたアイテム攻撃は同じチームの味方や自分にも当たる事があるんだ。

 だから無神経にアイテムを投げると自分のチームを苦しめてしまうぞ!」

f:id:wario-1021:20180929224453j:plain

デイジー

「スパイはパックンに捕まると、牢屋に閉じ込められてしまうのよね。

 生き残っているスパイは、捕まっている牢屋まで行って

 牢屋の下のスイッチを押すと仲間を助ける事ができるわよ。」

ネス

「そこからが知らない所だなあ。その閉じ込められる牢屋って、位置が毎回ランダムなのかな?」

f:id:wario-1021:20180929135601j:plain

ピーチ

「いいえ、それぞれのバトルコースごとに決められた場所に閉じ込められるのよ。

 牢屋は基本的に決まった2ヶ所に設けられているから、

 スパイチームは右下のマップの牢屋アイコンの数字を見て助けに行ってあげてね。

 その人数だけスパイの仲間が捕まっている。

 それと、閉じ込められる牢屋は捕まる場所によって変わるわよ。」

f:id:wario-1021:20190121001739p:plain

マリオ

「ドラゴンドージョーは牢屋の位置が3ヶ所、SFC バトルコース1は1ヶ所になっているよ。」

ルイージ

「敵チームのアイコンは、自分や味方の近くにいる時にしかマップに表示されないんだ。

 だから、相手がどこにいるか予測しながら動く事も重要だね。」

ロゼッタ

「バトルコース1の牢屋の位置はコース中央の1ヶ所で固定されています。

 このため1回スイッチを押せば、捕まっている仲間を全員助けられますが、

 その分リスクも大きく伴ってくる事があります。」

リュカ

「リスク…? 何が問題になってくるんでしょう?」

f:id:wario-1021:20181111165833j:plain

ルイージ

「リスクはバトルコース1に限った事じゃないけど、

 牢屋の近くにはパックンチームの見張りがいる事があるんだ。

 ボクも以前、こんなモアみたいなパックンの見張りにやられた事があるよ。」

ネス

「す…すごくパラガスに恨みがありそうなモアだね…。」

クッパJr.

「牢屋が2ヶ所のバトルスタジアムだってこんな感じで見張りがいるだろうし、

 バトルコース1は牢屋が1つだけだから、その分見張りが増えている危険性があるぞ!」

f:id:wario-1021:20180816164348j:plain

デイジー

「逆にパックンチームになったら誰か1人~2人牢屋の近くを見張っておかないと、

 スパイに簡単に牢屋を開けられることもあるわよ。気を付けて!」

リュカ

「牢屋をがら空きにしすぎるのもいけないんですね。」

ヨッシー

「見張りも難しいものだよ。場合によっちゃ、

 見張っている場所とは別の牢屋を開けられる事もあるし。」

f:id:wario-1021:20180929135658j:plain

ロゼッタ

「スパイチームは仲間を助ける場合、あらかじめスーパークラクションを持っておくと良いでしょう。

 音波の攻撃で見張りのパックンチームを蹴散らして、安全に仲間を助ける事ができます。」

ネス

「逆にパックンチームだったら、このクラクションにも気を付けないといけないって事だね。」

ロゼッタ

「そうです。パックンチームはアイテム攻撃を受けると

 捕まえるパックンもひるんでしまい、その間はスパイに噛みつく事ができなくなります。

 そのため、こうしたスパイ側からの奇襲にも注意して行動する必要があります。」

f:id:wario-1021:20180929222113j:plain

マリオ

「スパイチームにとってはダッシュキノコの加速も大きな武器になるだろうね。

 奥から攻めてくるパックンをやり過ごしやすいし、牢屋から仲間を助けるときにも役に立つよ。」

ヨッシー

「逆にパックンチームは猛スピードで奥から突っ込んでくるスパイにも警戒だね。

 パックンフラワーの噛みつきが間に合わないんだよ。」

f:id:wario-1021:20190121001556p:plain

デイジー

「このバトルもただ走り回れば良い訳ではないのよ、スパイチームにはこんな戦法もあるわ。

 パックンが追い付きにくい場所に逃げて、何ならそこでアイテムを溜めておく!」

ピーチ

「アイテムを2種類まで持てるから、溜めておけばパックンチームが来た時に逃げやすいかもね。」

リュカ

「こ…これって、デカライン高架下の一方通行のエリア!?

 そこに逃げられていると、パックンチームは捕まえにくくなりますね。」

クッパ

「そう。反対にパックンチームとなったら、このようなスパイに遭遇する可能性がある。

 こうした一方通行の隠れ場にもよくよく警戒するんだな!」

クッパJr.

「スパイチームと比べるとアイテムが攻撃特化で、加速系が出にくいからな。

 あってハネぐらいだし、パックンのかみつきも思うほど長くはないから、

 出やすい攻撃アイテムを上手く駆使して、スパイチームを捕まえるべし!」

f:id:wario-1021:20190120234427j:plain

ルイージ

「パックンチームとスパイチーム、お互い相手側の裏をかくように行動する、

 それがパックンvsスパイを制するポイントだね。」

デイジー

「レースと違って、アクセル踏みっぱなしで走り続けていれば良い訳でもないのよ。」

ネス

「アドバイスありがとう! 今日の話を聞くと、スパイチームがちょっと有利なのかな?」

f:id:wario-1021:20180816163928j:plain

マリオ

「それは戦うコースにもよるね。スカイスイーツや3DS ウーフータウンなど

 パックンチームが有利なコースもあるんだよ。」

ルイージ

「スカイスイーツは狭くて逃げ場が少ないし、ウーフータウンは2つの牢屋の間の距離が長くて

 仲間を助けようとすると時間がかかるから、スパイチームがけっこう不利になるね。」

f:id:wario-1021:20190120235220j:plain

ヨッシー

「あと気付いたかな? パックンvsスパイ固定のルールで遊ぶ場合、

 次のラウンドではパックンとスパイの立場がまるごと逆になるんだよ。」

ネス

「ラウンドごとにパックンとスパイの役割が入れ替わっていたのはそういう事だったのか!

 よし、今度こそはブログ主のフレンド方と良い勝負ができるかも!」

リュカ

「相手の動きを先読みすることも大事! いざ、勝負!」

ロゼッタ

「10分弱のアドバイスでしたが、これだけで勝てるんでしょうか?」

クッパ

「これだけ濃いアドバイスをしたんだ、最強の集いが相手でも勝てる可能性が十分にあるだろう!」

綺麗になった画質でN64 レインボーロードを観光

f:id:wario-1021:20171221201355j:plain

かつて全長2000m(※公式設定)という最長クラスのコースの長さを誇り、

ネオンサインが目を引く幻想的な雰囲気を持ったマリオカート64レインボーロード

f:id:wario-1021:20171214202941j:plain

WiiUやSwitchになった頃には別コースかのような様変わりをしていたのだった!

マリオカート8およびマリオカート8デラックスN64 レインボーロード

新コースのキノピオハーバーよりはるか上空に位置している設定となり、

セクション式の1周コースに変化しました。200ccは短いので2周したかった

f:id:wario-1021:20171216205842j:plain

スタートして間もなく、マシンが反重力モードになり、

その状態でダッシュボードに乗って下り坂を駆け下りていきます。

あれ?ここで反重力になる点は「あれ」を知っている方なら察しが付くかも。

f:id:wario-1021:20171214205059j:plain

下り坂にふもとに着いてから最初のアイテムを取り、次はグライダーで滑空!

加速するスターリングがさらに2つあるので、

これらを上手くくぐれるかが勝敗を分ける事も多いでしょう。

f:id:wario-1021:20171128154623j:plain

その後は早速急カーブが待ち構えています。上空を走る機関車からキノピオ達が、

コース上に何度かコインをばらまいてくるので、積極的に取っておくと良いでしょう。

(150cc以上で速く走っていると、ばらまく前に通り過ぎてしまう事もありますが)

f:id:wario-1021:20170806220059j:plain

昔のN64 レインボーロードはコース一面にガードレールが張られていたので

落下の心配も少なかったですが、新しいN64 レインボーロード

昔と比べてもガードレールが大幅に減っています。落下に注意!

f:id:wario-1021:20171221192924j:plain

セクション1の終わり際にはバウンドする巨大ワンワンが!

ここが波打つ床になっているので、ジャンプアクションを決めて差をつけるべし!

巨大ワンワンを越えた直後に2つ目のアイテムボックスが存在しますが、

ここにもダブルアイテムがありません。セクション2中盤までお預け。

f:id:wario-1021:20171221193734j:plain

セクション2に入ると早速右回りの大きなカーブが。

ここはスーパーミニターボやウルトラミニターボまで溜められる絶好のチャンス!

昔はこのカーブが左回りだったのですが、マリカ8版では右回りになっていますね。

f:id:wario-1021:20171221195555j:plain

巨大カーブを抜けてダブルアイテムボックス地帯を過ぎると巨大ワンワンが2体!

ここでクラッシュまたは落下してしまうと大きなロスになりますし、

この時点で既にコースの半分を過ぎているので直接的な敗因に繋がりやすいです。

そのうえN64 レインボーロードは大きなショートカットがない一本道、

近道して打開するという事もできないのでミスが許されない。

ワンワン地帯を抜けてもほっとしていられません。

すぐに小さい右カーブ→U字型の左カーブと続くので、早めのドリフトを。

f:id:wario-1021:20171217202545j:plain

セクション2のワンワン地帯では後ろに自由のピーチ像が確認できます。

これがキノピオハーバー編でも紹介したピーチ像、右手のスターが光っていますね。

f:id:wario-1021:20180503130717j:plain

綺麗な夜空や花火に見とれている暇もなくファイナルセクションはすぐそこ。

昔の同じ場所と比べても、複雑なS字カーブがかなり多くなり難易度も上昇しています!

セクション3のゲートをくぐると間もなくS字カーブ。気が抜けません。

f:id:wario-1021:20171214204340j:plain

昔と違って最終セクションはきつめのカーブが連続的に続き、

急なカーブや難所を抜けたと思ったらすぐに急なカーブが待っています。

カーブを2度越えると少しばかりのストレート、そこが直線的なアイテム攻撃を受けやすいポイント、

ミドリこうらやファイアボールが脅威になりますし、被弾すればそのまま落下するリスクも高い。

f:id:wario-1021:20171221192610j:plain

こうして8の字型に走ったカーブを抜けると最終コーナー。

2連ダッシュボードがある最後のカーブ、ここだって油断大敵です。

ライン取りを誤ると落下して、最後の最後で逆転を許す事になります。

最後のグライダーポイントまでは終始ドリフトの体制を心掛けておくように。

f:id:wario-1021:20171215222108j:plain

最終コーナー後のグライダーポイントを抜ければゴールまで一直線!

ただし、ゴールするまでは気を抜かないように!最後の最後までアイテム攻撃は続きます。

f:id:wario-1021:20171214003604j:plain

N64 レインボーロードWiiUやSwitchで本当に綺麗にリニューアルされましたね。

真下に綺麗な夜景が広がる様は、ダブルダッシュレインボーロードを思い出します。

 

-伝説の超くだらないおまけ-

f:id:wario-1021:20171221191125j:plain

カッコいいパラガスでございます☆\エエエエエエ/ よぉい子のみんな、よ~く見ておけ☆

宇宙の中で一番美しいショートカットを、全宇宙に知らしめてやろうではありませんか!

f:id:wario-1021:20171221191243j:plain

腐☆腐 ここからショートカットでございます☆\エエエエエエ!?/

f:id:wario-1021:20171221191502j:plain

はぁ~!!

f:id:wario-1021:20171221192110j:plain

…って、え"え"え"ぇぇーー!? 待て…こらっ!お…おぉぉい!!

f:id:wario-1021:20171221190837j:plain

無念でございます☆\エエエエエエ/

くそお~、20年前のでけえぇ!?ショートカットをしようとした俺の計画も、何もかもおしまいだぁ。

f:id:wario-1021:20171217200655j:plain

ケッケッケ…まさにこの始末☆だな!

綺麗になった画質でキノピオハーバーを観光

f:id:wario-1021:20171209172630j:plain

Nintendo Switchでキャプチャしたスクショを貼り付けながら常に思っていた事なのですが、

本当にWiiU以上に画質が綺麗になったものですね。これまで以上にくっきりはっきり。

f:id:wario-1021:20171209170522j:plain

本日は早速、より綺麗になったスクショを添えてキノピオハーバーを1周しようかなと。

スタートしてからすぐに、タイト気味なカーブがあるので少し心早めにドリフトを。

(スタート地点の周りから海辺が見えるのが綺麗ですね)

f:id:wario-1021:20171215231918j:plain

最初のカーブと橋を抜けると小さな商店街が見えてきます。

外国の街のような景色が素敵ですね。

f:id:wario-1021:20171209173243j:plain

この周辺はスーパーマーケットに花屋にカフェなど、色々な店があるみたいで。

普段猛スピードで通り過ぎているこの場所も、ゆっくり見てみると色々ありますね。

f:id:wario-1021:20171217171526j:plain

なんでもこの近くだけで「FOUNTAIN CAFE」が3~4件ほど並んでいるらしくて。

見える所からカフェがすぐ近くに2店。この周辺、どうなっているんでしょうね。

f:id:wario-1021:20171217163919j:plain

商店街を抜けるとすぐに分岐点とS字カーブが。右に分岐する方が速い分、道幅が狭い。

カーブは急なので、素早いドリフトの切り返しが重要になってきます。

f:id:wario-1021:20171209163824j:plain

S字カーブの途中では「SHY GUY METALS」のポスターも発見。

(写真だと少し見辛いですが)看板下にある文字「SINCE 1987」はヘイホーの初登場年。

f:id:wario-1021:20171019231250j:plain

S字カーブが終わると大きなU字カーブが待ち構える!

ここをトロリーが複数台通っているので、ぶつかってタイムロスにならないように注意。

(迂回ルートはトロリーを回避でき、終盤にダブルアイテムボックスもありますが、

 その代わりけっこうな遠回りになります)

f:id:wario-1021:20171209170248j:plain

U字カーブを曲がる最中、「TOAD TOY STORE」というオモチャ屋を経由します。

普段はどんな商品が販売されているんだろう。

f:id:wario-1021:20171209171947j:plain

U字カーブを抜けるとしばらくロングストレートの広い下り坂。

ここもトロリーが通っているため、クラッシュに注意。

下り坂は左端の2連ダッシュボードを通るルートが速いですが、

右端にはダブルアイテムボックスがあるので右を行けばアイテムチャンス。

少し遠回りになりますがジャンプアクションで追いあがるべし。

ここから眺める海辺も綺麗だぜ、ケケケ!

f:id:wario-1021:20171218180652j:plain

最後は小さいS字カーブやショートカットを抜けて一周となります。

ムムムッ!ずいぶんと美味しそうなお菓子屋を見つけたのだ! いくつか買っていこうかな。

(少し遠回りの迂回ルートはコイン3枚とダッシュボードあり)

 

f:id:wario-1021:20171218182034j:plain

キノピオハーバーは街並みも景色も綺麗でお気に入りのコースの1つだったりします。

このコースにはよく見ると自由のピーチ像も。(※画像左上)

実はこの自由のピーチ像、もう1つ別のコースから見る事もでき、そのコースとは…

f:id:wario-1021:20171218182825j:plain

N64 レインボーロード ここからだいぶ遠くに自由のピーチ像が見えますね。

…って、私が昔に知っていた64のレインボーと全然違う!? もはやどこだここは!?

-N64 レインボーロードの観光編に続く-

クッパ考察の後日談

f:id:wario-1021:20190120123138j:plain

クッパJr.

「…そういう事だったの!? 知らなかったなあ。」

クッパ

「つまり、ワガハイがソラを徹底して考察していたのもそれが少なからずある。

 米任天堂レジー社長が『意外なキャラが参戦する』との声を発していたのだ。」

f:id:wario-1021:20190120123628j:plain

クッパ

「そして、今までに参戦した事のないシリーズから参戦…とも言っていたかな?

 それらも踏まえて、思いのほかソラがけっこう有力かもしれないと思ったのだ。」

クッパJr.

「お父さん、キングダムハーツに集中して目を向けているみたいだけど、

  新規参戦だったらドラゴンクエストからも

  シリーズの主人公が誰か参戦しそうじゃない?」

f:id:wario-1021:20190120123708j:plain

 

 

f:id:wario-1021:20190118231451p:plain

クッパJr.

「えええーーーっ!? そこは盲点だったの!?」

クッパ

「ワガハイとした事がなんたる不覚!!ペルソナ5からの参戦発表より

 ファイターパスのDLCファイター5人すべてを他社と予想しておきながら、

 ドラクエの可能性にはまったく気付いていなかった!!」

f:id:wario-1021:20190120124116j:plain

クッパ

「そうか…最近ドラゴンクエストビルダーズ2も発売されたばかりだ!

 直近の動向よりファイターパスの全員を他社と読んでいる者として、

 これからは今まで以上に様々なゲームに注目していかなければならん!」

クッパJr.

「お父さんの全員他社の予想、本気だ…。」

 

一方、その頃…

f:id:wario-1021:20190118231834p:plain

同じくファイターパス5人全員を他社キャラと予想していた私も

ドラクエが盲点だったんだとさ。おしまい。