カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

マリオカートシリーズ ヒストリー オブ Bダッシュ(2005~2021)

マリオカートDS(2005)

f:id:wario-1021:20170320164014p:plain

マシン「Bダッシュ」が初登場。同作の代表マシンとして登場している。

バランスタイプのマリオ向けのマシンとしての登場であり、

良いアイテムを引き当てやすい点以外は標準的でバランスが良い性能となっている。

このように、DSの頃はまだスピード特化のカートではない。

マリオカートアーケードグランプリ2(2007)

f:id:wario-1021:20190921112906j:plain

DSのBダッシュを意識したと思われるマリオ専用カートが登場。

アーケードグランプリ2の代表マシンでもあり、同作のタイトル画面やゲーム筐体、

データを書き込む磁気カードの表面など至る所にこのカートが描かれている。

隠しカートではあるが、マリオコインを30枚集めればすぐに使う事ができる。

ノーマルカートと比べるとトップスピードに優れ、加速力に劣る。

コインマイレージを1590枚まで集めるとこのカートがチューンナップし、

苦手だった加速が補強される他、トップスピードがさらに少し速くなる。

なおアーケードグランプリDXには登場しておらず、このカートの正式な名前は不明。

マリオカートWii(2008)

f:id:wario-1021:20170320183225j:plain

フォーミュラカーがモチーフの本格派マシン『BダッシュMk.2』が登場。

ちなみにアメリカ圏では『Sprinter』という名称になっている。

(イギリス圏では日本とほぼ同じく『B Dasher Mk.2』と呼ばれている)

中量級キャラクター用の隠しマシンとなっており、

タイムアタックではやいスタッフゴーストを24体以上出現させる事でこのカートを解禁できる。

中量級のカートの中でもトップスピードが非常に速く、重さもそこそこ高い。

しかしスピードと重さ以外の性能は決して高くなく、ドリフトが曲がりにくくミニターボ持続も短い。

コーナリング勝負はひたすら苦手であり扱いにくい上級者向けカートである。

マリオカート7(2011)

f:id:wario-1021:20170320183239j:plain

7ではマリオカートDSの時のBダッシュが帰ってきた。

コインを一定枚数集めると手に入る隠しパーツの1つとして再登場。(解禁される順番はランダム)

このマリオカート7から、DSのBダッシュはトップスピードに優れたマシンとなった。

同作から登場したマシンカスタマイズでスリックタイヤやワイルドタイヤを組み合わせれば、

得意のスピードや重さがさらに強化されてパワフルなカスタマイズになる。

スピード重視になった反面、加速力やオフロード性能が下がっており、

アイテム攻撃などの減速には弱くなっているので注意。

マリオカート8(2014)

f:id:wario-1021:20170320211122j:plain

有料追加コンテンツ第1弾を購入する事で追加されるマシンパーツの1つとして三度登場。

こちらもDSデザインのBダッシュであり、7に引き続きスピード重視の性能となっている。

スリックタイヤやサイバースリックにすればトップスピードをさらに強化できるが、

今作のBダッシュは元々グリップが高くないため、ダートコースでは滑りやすくなる。

ちなみにBダッシュの性能自体はターボ・ワンやPウイング等と同じ。

マリオカート8 デラックス(2017)

f:id:wario-1021:20170430210338j:plain

7や8に引き続きDSデザインのBダッシュが登場。スピード重視の性能も前作までと同じ。

トップスピードが速いという特徴は固定されたようだ。

隠しパーツとなっており、獲得コインを増やしていく事で解禁される。

どこで解禁されるかはランダム。また、今作ではCPUのマリオがこのBダッシュに乗る事がある。

マリオカートツアー(2019,2020,2021)

f:id:wario-1021:20191003215553j:plain

DSデザインがまたしても登場。4作連続で登場しており、すっかりおなじみのマシンになった。

前作までからさらにディテールアップし、よりリアルな見た目に進化している。

ウルトラレアのマシンに分類されており、ドカンから手に入れる事は非常に難しく、

ショップから買う場合も10000コインと非常に高い。

スペシャルスキルは『ダッシュプレート プラス』。

ダッシュプレートに乗った時のダッシュ時間や獲得ポイントがさらにアップするため、

ダッシュ板の多いコースでは大いに活躍できる。

f:id:wario-1021:20191002154246j:plain

今作ではBダッシュの色違いが多数登場した。

黒くシックな『ブラックBダッシュ』、和風の塗装を施した『かぶきダッシュ』、

ユニオンジャック風のボディの『レッドBダッシュ』、

かぶきダッシュを黒くした『くろかぶきダッシュ』が登場。

恒常で手に入れられる通常のBダッシュとレッドBダッシュ以外は、

ゴールドパスでの配布や限定ドカンでのみ入手可能と手段がかなり限られている。

f:id:wario-1021:20200904122108j:plain

スペシャルスキルは、ブラックBダッシュとかぶきダッシュ

普通のBダッシュと同じ『ダッシュプレート プラス』、

レッドBダッシュロケットスタートの持続時間とポイントがアップする『ロケットスタート プラス』、

くろかぶきダッシュミニターボの加速時間とポイントが上がる『ミニターボ プラス』になっている。

f:id:wario-1021:20210315200446j:plain

さらに2021年3月には、マリオツアーでなんとマリカWiiBダッシュMk.2が復活。

Mk.2はWiiとほぼ同じデザインで再登場を果たしており、

今作ではアメリカ圏での名称も『B Dasher Mk.2』になった。

スペシャルスキルは『ダッシュプレート プラス』で、

Bダッシュ同様にダッシュプレートの多いコースを得意としている。