カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

世紀末を感じた最重量ローラーな3ページ

f:id:wario-1021:20180402134120j:plain

あー…それは3月31日…、スーパーマリオオデッセイの特別な付録を手に入れるために

てれびげーむマガジンの新刊を買った時の話…。

待てよ…世紀末な本題に入る前に、買っておいたほうが良いって付録を先に紹介しておこうかな。

f:id:wario-1021:20180331174534j:plain

その新刊には付録としてスーパーマリオオデッセイの付録としてキャプチャー図鑑という小冊子、

および18年4月~19年3月までのカレンダーが付属するのですが、これがとてもオススメ。

12ヶ月分・12種類それぞれの一枚絵で色んなマリオを眺める事ができるのです。

百聞は一見にしかず、詳しくは買って眺める事を推奨します。

このスゴい付録があるので、買って損はないでしょう。

てれびげーむマガジン May 2018 (Gzブレインムック)
 

 

f:id:wario-1021:20180402144244j:plain

さて…何が世紀末なのかと言うとマリオカート8デラックスのページ。

あれ、ワリオが乗っているマキシマムに付けているこの超小型タイヤ…これは…。

f:id:wario-1021:20180331173237j:plain

そう、貴重な3ページが重量ローラーまみれだったのです。買って読んだ瞬間、驚愕してしまいました。

重量級×ハナチャンバギー×ローラータイヤは、マリオカート8デラックスにおいて、

ぶっ飛んで高性能なステータスであり、いわゆるガチカスタムなのです。

オンライン対戦に潜ってみると、日本はとくにその重量ハナチャンローラーだらけ。

f:id:wario-1021:20180402144225j:plain

ガチを招く一番の元凶はローラータイヤ、まずミニターボのチャージが超高速、

それが重量級を乗せてもあまり衰えないほどで、他のステータスに関しても非常に強力なのです。

さらに速く走るコツを紹介しているのは分かる、重量級が速いと紹介するのも分かるのです、

しかしそこで編集部がハナチャンローラーを使ってガチに走っているのがアカンのですよ。

f:id:wario-1021:20180402144316j:plain

てれびげーむマガジンは仮にも若年層向けの雑誌、そこで編集部がガチをオススメしてどうする。

子供も読んでいるであろう事、これでは若いガチ勢が増えてしまいかねないでしょう。

(もう少しエンジョイ寄りのカスタムだったら良くなっていたと思うのですが)

f:id:wario-1021:20180402144346j:plain

さらに編集部のガチ染まりを感じたのが、キャラクターに関しても

最重量級の4人(クッパモートンワリオほねクッパ)を高性能とオススメしている所。

これは大変だ、こんなんじゃ今以上に最重量ハナチャンローラーが増えてしまいかねないな…。

f:id:wario-1021:20180306223538j:plain

懐かしいカート編成で気楽に走ろうとする骸骨の後ろは、最重量ハナチャンローラーなガチだらけ。

少し高いレート帯になってくると、日本の野良はだいたいこうです。

(※国外でもローラータイヤは割といますが、日本はハナチャンバギーのローラーがかなり多い)

f:id:wario-1021:20170917175335j:plain

世紀末のガチページによって若いガチ勢がさらに増えかねないという事は、

純粋にゲームを楽しむ事を忘れてしまうユーザーが

(子供世代から)増えてしまいかねないという事なのです。

これは先が思いやられるな…ガチ染まりはかなり心配ですね。

もしそうなってしまったら、任天堂のこれまでの苦労が…。それでは最後に二言ほど、

 

f:id:wario-1021:20180224191045j:plain

結論:

てれびげーむマガジン新刊は、マリオオデッセイの

付録カレンダーが素晴らしいので買うべし!

ただし、マリカ8DXのページで

編集部がオススメしているガチ路線の事は受け流せ!