カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

amiibo会議 第161回 -1-2-Switch編・最終回 『ベースボール』&『ソーダ』-

f:id:wario-1021:20170328124141j:plain

クッパ

「諸君、久しぶりだな!! このシリーズでは先月から1-2-Switch編を続けてきたが、

 今回・第161回をもって1-2-Switch編は最後になるぞ!」

f:id:wario-1021:20170404171914j:plain

クッパ

「ラストとなる今回は『ベースボール』と『ソーダ』の2本立てでお送りしていくぞ!

 まずは『ベースボール』から遊んでいくとしよう。

 ピッチャー側は速球かスローボールかを決めてジョイコンを振ってボールを投げ、

 バッター側はそのどちらかを予想してタイミング良くジョイコンを振ってボールを打つのだ。

 ボールが来たタイミングで音が鳴るから、そのタイミングでバットを振れ。

 これを1イニング分遊んでいくゲームになっているぞ。」

f:id:wario-1021:20170404171953j:plain

f:id:wario-1021:20170404123141j:plain

マリオ

「先攻はボク達・男子チームだね! 得点をたくさん稼いじゃおう!」

ルイージ

「大きくリードしておいて、守備側になった時に余裕を持っておきたいね。」

f:id:wario-1021:20170404123739j:plain

デイジー

「後攻は私達・女子チームね。Rボタンでスローボールを、ZRボタンで速球を投げるのね。」

アルル

「左のジョイコンだったらLでスローボール、ZLで速球が投げられるみたいだね。」

ピーチ

「あら、変化球はないのかしら?」

りんご

「変化球は…ないみたいですね。ピーチ姫は変化球が得意なのかな?」

キノピコ

「えぇ、大得意みたいよ。昔、ピーチキングダムという野球チームを組んでいた時も

 ピーチ姫は大きく曲がる変化球を持ち前に相手チームの色んなメンバーを惑わしていたのよ。」

トゥーンゼルダ

「そうなんだ。ピーチ投手の変化球、見てみたいなぁ!」

f:id:wario-1021:20170404172029j:plain

ピーチ

「最初は0-0で始まるのね。こっちかな、えい!」

(カキーーーン!!)

マリオ

「ヤッフー! ヒットだ!」

f:id:wario-1021:20170404124257j:plain

ルイージ

「いいね! 次はボクか、上手くこの調子を続けていきたいね。」

デイジー

「覚悟しなさい、打ち取っちゃうんだから!」

f:id:wario-1021:20170404124659j:plain

(カキーーーン!!)

ディディーコング

「やった、2ベースビットだ!」

ヨッシー

「これで1,3塁! もう1人ヒットを打てば1点取れるね!」

ドンキーコング

「大チャンスだ! 上手く決めてくれよ、ワリオ!」

f:id:wario-1021:20170404143748j:plain

ワリオ

「よーし、いっそホームランを決めてやるぜ!」

アルル

「そうはさせないよ、打ち取っちゃうからね! えいっ!」

f:id:wario-1021:20170404125432j:plain

(カキーーーン!! パシッ!!)

ワルイージ

「チキショー!! 打ち取られちまったぜ!!」

クッパ

「えーい、仕方がないヤツめ! ワリオの次がワガハイで良かった!

 このワガハイがホームランを決めて一気に3点取ってくれるわ!」

f:id:wario-1021:20170404163014p:plain

(カキーーーン!!)

f:id:wario-1021:20170404172521j:plain

クッパ

「ガーーッハッハ!! 一気に3点ゲットなのだ!!」

アルル

「大打撃…! やばくなってきたよ~。」

 

f:id:wario-1021:20170404172153j:plain

しかし、この調子は続かなかった。

5番のワルイージ、6番のヨッシー

立て続けに打ち取られて3アウトになりチェンジ。

f:id:wario-1021:20170404130039j:plain

後攻は女子チーム。ピーチ、デイジーと連続でヒットを打つも、

続くキノピコとアルルは速球の球威に押され、打ち取られてしまう。

f:id:wario-1021:20170408125607j:plain

状況は2アウト・1,3塁、女子チーム、逆転なるか!?

 

f:id:wario-1021:20170404130534j:plain

ワルイージ

「まずい、ここで打ち取らなければ点を取られる! 大ピンチだぜ!」

アミティ

「さっきのお返しだよ! まだまだ行くよー!!」

アルル

「いっそホームランを打って男の子達に追いついちゃおう、ねっ♪」

f:id:wario-1021:20170404131001j:plain

(カキーーーン!!)

ルイージ

「しまった!! これは大きいよ!」

ドクターマリオ

「ホームランかな!? 決められたら大ピンチだね…!」

f:id:wario-1021:20170404172227j:plain

ヨッシー

「あー、3ランホームラン! 追い詰められた!」

f:id:wario-1021:20170404131348j:plain

ワリオ

「しかも次のバッターは厄介なコトにりんごだぞ!

 アイツは頭が良い、上手く惑わして3アウトにしないと負けてしまうかもしれん!」

f:id:wario-1021:20170404132115j:plain

りんご

「これで3-3! ホームランを決めて勝ってみせます!」

ワルイージ

「それはどうかな? こっちだってこれ以上得点をやるワケにはいかないぜ!」

 

f:id:wario-1021:20170404174851j:plain

(カキーーーン!!)

クッパ

「うわー! これは大きいーー!! やられたーー!!」

(パシッ!!) 飛びついて捕った!!

f:id:wario-1021:20170404132426j:plain

クッパJr.

「えぇー!? こんな事もあるんだね!」

ディディーコング

「これで3アウト! 結果はどうなったのかな?」

f:id:wario-1021:20170404172329j:plain

クッパ

「結果、3-3で引き分け! あー、ハラハラした。」

f:id:wario-1021:20170404133104j:plain

マリオ

「お疲れ様! いい試合だったね!」

ピーチ

「こちらこそ、熱い試合をどうもありがとう!」

ヨッシー

「本当にアツいバトルで楽しかったよ!」

 

f:id:wario-1021:20170328224158j:plain

クッパ

「さて、クライマックスは『ソーダ』の乾杯で決めるぞ!」

クッパJr.

1-2-Switch編もいよいよ大詰めだね!」

f:id:wario-1021:20170328224259j:plain

クッパ

「最後に遊ぶゲーム『ソーダ』の説明をしていこう!

 右のジョイコンをソーダが入ったボトルに見立てて、振っていくのだ!

 そしてある程度振ったら、誰かにジョイコンを回していけ。

 限界まで振ると、ソーダが溢れて『カンパァーイ!』だ。」

f:id:wario-1021:20170328124458j:plain

クッパ

「早速、ワガハイから振っていくぞ!」

マリオ

「いい感じまで振ったら、誰かにパスしてね!」

f:id:wario-1021:20170328224412j:plain

(シュワシュワシュワ…!)

クッパ

「ムムッ! このシュワシュワ感はとても良い、リアルなのだ!」

f:id:wario-1021:20170328124839j:plain

クッパ

「さて、問題は誰にパスするかだ。誰に回してみようかな。

 やってみるか、ワルイージ?」

ワルイージ

「どうも! 一度HD振動ってヤツを体験してみたかったんだよな。」

ワリオ

「どんな感触なんだ? オレ様も試してみたいぞ!」

f:id:wario-1021:20170328125210j:plain

ワルイージ

「ほうほう! こいつがHD振動か!確かに中に炭酸飲料が入っているみたいだぜ!」

アミティ

「気になるー! あたしもそれ試してみたいー!!」

f:id:wario-1021:20170328125602j:plain

ワルイージ

「よし、パスだ! お前の番で弾けても知らないぜ。」

アミティ

「すごーい! 本当にシュワシュワしてるー!!」

ドクターマリオ

「どうかな、そろそろ弾けそう?」

アミティ

「だいじょーぶ! まだまだ行けるよ!」

f:id:wario-1021:20170328125824j:plain

ドクターマリオ

「うん、いい感じに泡立ってきているね!!

 ウワサには聞いていたけど、実際に触ってみるととってもリアルな振動だね!」

f:id:wario-1021:20170328130050j:plain

ネス

「うわぁ! かなり泡立ってきている!! 今にも弾けそう!!」

リュカ

「そろそろ『カンパァーイ!』かな!?」

f:id:wario-1021:20170328130512j:plain

マリオ

「ワーオ! もう爆発寸前だね!!」

f:id:wario-1021:20170328224551j:plain

(ポンッ! シュワーーーッ!!)

f:id:wario-1021:20170328224740j:plain

マリオ

「ヤッフー! カンパァーイッ!!」

f:id:wario-1021:20170328130834j:plain

マリオ

「そして、改めてここまで長い間ありがとうございました!!

 1-2-Switchはみんなで遊ぶととっても面白いよ!」

ルイージ

「みんなで盛り上がりたいなら、オススメのゲームだね!」

クッパJr.

「この流れで、第162回からマリオカート8デラックス編もやるのかな?」

ヨッシー

「どうだろう? このamiibo会議シリーズとは別にレビュー記事が作られているし、

 マリカは今後もブログ主単独のレビュー記事が中心になるんじゃないかな。」

f:id:wario-1021:20170328131157j:plain

アミティ

1-2-Switch、楽しかったね!」

アルル

「こういう見つめ合って遊ぶゲームも面白いね! また遊んでみようかな~♪」

1-2-Switch

1-2-Switch

 

f:id:wario-1021:20170404133607j:plain

これで、1-2-Switch編のお話は、おしまい!

- 1-2-Switch編、完!-