読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

マリオカート8デラックス 購入レビュー・その1

f:id:wario-1021:20170428213911j:plain

買ってきました、マリオカート8デラックス

WiiUマリオカート8よりあらゆる所がデラックスになったニンテンドースイッチの新作、

こちらでも早速購入し、一通り遊んでみました。ちなみにスイッチ最初のマリオタイトル。

この記事ではWiiU版より新しくなった所や変化した所などを色々と取り上げていきます。

f:id:wario-1021:20170429140126j:plain

起動してキャラクターを選ぼうとしたら早速この状態。

8デラックスではほとんどのキャラクターが最初から選べる仕様になっていて、

画像の42キャラクターはすべて初期キャラクター。

過去のマリオカートシリーズよりクッパJr.カロンキングテレサが復活、

そしてスプラトゥーンよりインクリングのガールとボーイが新しく参戦。

f:id:wario-1021:20170515210634j:plain

ちなみに紹介映像に一瞬登場していたゴールドマリオは隠しキャラクター。

ある条件を満たせば解禁できるのですが、その条件が非常に難しい。

f:id:wario-1021:20170430151112j:plain

一方、マシンパーツについては最初から使えるものはそう多くない模様。

大方の隠しパーツはコインマイレージを溜めていく事で解禁されていきます。

新しくアンロックしたパーツは、パーツアイコンの左上に『!』のマークが。

(最初から使えるマシンパーツは、フレームがスタンダード系フレーム×3にスティールダイバー

 ターボ・ワン、スニーカート、わくわくビートル、スーパーコメット、

 きせかえスクーター、スプラバギーの10種、

 タイヤがノーマルタイヤ、ワイルドタイヤ、ローラータイヤ、

 リングタイヤ、ブロックタイヤ、スポンジタイヤの6種、

 グライダーがスーパーカイト、パラシュート、パラフォイル、セイルプレーンの4種)

f:id:wario-1021:20170429220153j:plain

WiiU版で14年8月に追加されたメルセデス・ベンツのコラボマシンもすべて続投。

コインマイレージを溜めていく事で徐々に解禁されていきます。

こんな感じで今作の新キャラや復活キャラをベンツに乗せる事が可能。

f:id:wario-1021:20170430151308j:plain

キャラクターやカートのステータスについては、WiiU版よりリニューアル。

当時より性能が色々と変わっているようです。マリオなら基本性能はこの通り。

いかにも彼らしい、すべての性能が平均的で扱いやすい性能に。

f:id:wario-1021:20170430151400j:plain

コース選択ではWiiU版でDLCだった分を含めた48コースのすべてが最初から走れる仕様に。

順当に簡単なカップからクリアしていくのもアリ、

逆にいきなり難しいカップから挑戦していくのもアリに。

f:id:wario-1021:20170429224511j:plain

そして、マリオカート8デラックスにおける注目ポイント、

レース中にアイテムを2つまで持てるようになりました。過去作の2つ持ちとはちょっと違う。

今作では攻撃アイテムを装備していなくても2つ目のアイテムを手に入れる事が可能になっています。

f:id:wario-1021:20170429225035j:plain

加速アイテムを持った状態で2つ目のアイテムを手に入れる事も可能。

(ダブルダッシュと違って1人乗りなので、ドライバーの交代も不要)

加速アイテムを使った駆け引きがより激しいものになっています。

f:id:wario-1021:20170501000803j:plain

マリオカート8デラックス、全体的にWiiU版より被弾しやすくなっていましたね。

アイテムの2つ持ちと踏まえて、グランプリの難易度も相対的に上がっていました。

オンライン対戦でも1位を長く維持する事は難しくなっています。

今作では1位からちょっと差が付いた辺りから加速アイテムが出るようになっているので、

WiiUと比べても下位からの逆転が発生しやすくなっている模様。

今作では一度独走を許してしまっても、アイテムが多く出現するために大幅な打開が可能に。

f:id:wario-1021:20170416182753j:plain

WiiU時代に存在した、左右にぴょんぴょん跳ねて加速効果を増強する『サンダードリフト』、

左右にねじれて加速した状態を維持する『ねじれドリフト』といったバグ類いのテクニック、

いずれも8デラックスでは廃止されているようです。

上の画像はWiiU版、ぴょんぴょん跳ねたほねクッパがスピードアップして

後ろのドンキーコングベビィピーチを大きく引き離すような効果がありましたが、

8デラックスで同じようにやってみても加速効果は現れませんし、

ねじれてスピードを上げようとするとむしろ減速しているような?

f:id:wario-1021:20170430152104j:plain

マリオカート8デラックスにおける最大の注目ポイントはやはりバトルモード、

バトル専用のコースが8種類用意されただけでなく、

従来のふうせんバトル以外にも4種類の異なったルールが登場。

ボムへいを投げまくって風船を割っていく『ドッカン!ボムへい』、

ステージに置かれたシャインを全員で奪い合う『いただきシャイン』、

ステージに散らばったコインを集めていく『あつめてコイン』、

逃げるチームと捕まえるチームに分かれて戦う、早い話がケイドロ、『パックンvs.スパイ』。

前作までと比べても格段にパワーアップしており、バトルモードは最後まで気が抜けない。

f:id:wario-1021:20170430151442j:plain

ちなみにバトル専用コースはこの8種類。レトロステージも3種類収録されています。

(GC ルイージマンション3DS ウーフータウンはオリジナル版よりBGMの変化あり)

f:id:wario-1021:20170429215106j:plain

バトルモード限定アイテムとして、スーパーマリオカートから『ハネ』が復活。

高く飛び跳ねて相手の風船やシャインを奪う事ができるアイテムになっています。

着地後にはダッシュ。正面から迫ってくる相手から逃げるにも有効。

f:id:wario-1021:20170429213158j:plain

ちなみにバトルモードで1位になったり、いただきシャインでシャインを奪ったりすると

このようにキャラクターの頭に王冠が付きます。

f:id:wario-1021:20170428181601j:plain

しかし、マリオカート8デラックスにも気になる点・欠点はあった。

まず始めに気になった点、1位の時のコインの出現率がちょっと高すぎるかも。

1位の時に単品のアイテムボックスから出るアイテムが5割以上はコイン。

防御にはいくつか置かれているダブルアイテムボックスに頼らざるを得ない事もしばしば。

1位の真後ろを追っている状態でも、コインがけっこうよく出る。

コインの出現率はもう少し(5~10%ほど)下げてほしいかな。

f:id:wario-1021:20170430003646j:plain

もう1つ、何があったのやら、バグなのかMiiが常に無表情。

WiiU版ではあんなに感情豊かだったのに。ダメージを受けても、アイテムを当てても、

勝っても負けても表情1つ変わらないポーカーフェイス。アップデートで改善してほしいですね。

(※5月18日のアップデートで無表情が修正されました)

(このMiiは20年後の未来からやってきた、トランクs…って、オォーーイ☆)

f:id:wario-1021:20170502161431j:plain

相変わらず強制的にヘルメットが付けられているのも気になるので、

せめてノーマルスーツだけでもヘルメット無しのバージョンが追加されないかな、

せっかくニンテンドースイッチMiiの髪色が増えた事ですからね。

(それにオンライン対戦やローカル通信の合流画面でヘルメット無しのMiiのモデルがありますし)

髪はなびかなくても構わないので、追加されるといいなぁ。

追加コンテンツ辺りでディディーコングやキャサリンも復活参戦しないかな?

何度も言ってきた事ですが、アップデートや有料追加コンテンツで参戦するといいなぁ…☆

f:id:wario-1021:20170430154129j:plain

予想以上に長くなったので、今回はここまで。

後日『その2』にてウルトラミニターボやハンドルアシスト機能などを取り上げていこうかと。

wario-1021.hatenadiary.jp