カオスクライマーの日記

マリオシリーズの話題を主体に記事を書いています。

マリオカートアーケードグランプリDX アップデート全集 2019年8月版

f:id:wario-1021:20131011154325j:plain

Rev.1.00~Rev.1.02

これが初期のバージョン。

前作、マリオカートアーケードグランプリ2から一部キャラが変更、

新しいキャラクターとしてマリオからはクッパJr.が参戦、ゲストキャラとしてどんちゃんが参戦。

ミズパックマンとアカベイ、まめっちは削除されてしまった。

旧キャラのうち、ワリオワルイージはタマゴスロットで手に入れるタイプの隠しキャラに。

前作・2からジャンプドリフトがかなり曲がりにくくなった。

f:id:wario-1021:20131227133946j:plain

Rev.1.03/JP(中型アップデート)

2013年12月18日施行。

新しいキャラクターとして「ロゼッタが追加。(ロゼッタは最高速タイプ)

新システム、スペシャルコードに対応、専用のコードをかざすと

キャラクターのきせかえバリエーションなどが入手できる。

きせかえバリエーション「アイスルイージ」「ファイアマリオ」を追加。

(アイスルイージファイアマリオともにバランスタイプ)

対戦エントリー募集画面が変化。

グランプリモードにて、タマゴスロットで解禁していれば

クッパJr.ワルイージワリオもレースに参加するようになった。

レース中に画面右上に表示される順位のうち、5位の色がピンク→青になった。

実況がかなりスムーズになった。

f:id:wario-1021:20140211125227j:plain

Rev.1.04/JP(調整アップデート)

2014年1月中旬施行。

分身バトルモードにおける分身の称号が「ルーキー」になっているバグを修正。

きせかえバリエーション「あおキノピオ」「イチゴどんちゃん」を追加。

(あおキノピオ、イチゴどんちゃんはハンドリングタイプ)

f:id:wario-1021:20140328133548j:plain

Rev.1.05/JP(小型アップデート)

2014年3月26日施行。

太鼓の達人 モモイロVer.」とのコラボを実施。

きせかえバリエーション「勇者どんちゃん」を追加。(勇者どんちゃんはハンドリングタイプ)

「ふたりで協力」におけるCPUキャラクターが弱体化された。

下位を走行していると徐々にスピードが速くなる補正機能が少し下がった。

f:id:wario-1021:20140420150644j:plain

Rev.1.06/JP(新SPコード対応)

2014年4月中旬施行。

きせかえバリエーション「あかヨッシー」を追加。(あかヨッシーは加速タイプ)

f:id:wario-1021:20140811211459j:plain

Rev.1.07/JP(大型アップデート)

2014年7月30日施行。

新しいキャラクターとして「メタルマリオ」を追加。

きせかえバリエーション「ほねクッパ」を追加。

(メタルマリオほねクッパともに最高速タイプ)

分身バトルモードは、モード名を「全国対戦」に改名された。

(「分身バトル」名義だった頃に上げていたレベルは全国対戦に引き継がれる)

全国対戦に登場する分身のAIがRev.1.06から大幅に強化された。

2vs2のチームに分かれて戦う、4人プレイ専用の新モード「チームで対戦」を追加。

「ふたりで協力」「チームで対戦」に登場する合体カートの3号と4号の仕様変更。

「ふたりで協力」にて獲得できるタッグメダルの数が増加、

チーム1位で4枚、チーム2位で2枚、チーム3位で1枚に変更。

新システム「ドリフトブースト」を追加。(家庭版のミニターボに近いが3段階まで貯められる)

いくつかのコースにダッシュボードやスターリングなどを追加。

下位走行中のスピード補正が、後述のRev.1.10以前までしばらく削除された。

過去のバージョンからレース中の挙動が変化、ジャンプドリフトが曲がりやすくなった。

ドリフトしながらジグザグに走行するテクニック「ドラゴンドリフト」が弱体化。

壁にぶつかった時の減速度が大きくなった。

タイトル画面が変更。

f:id:wario-1021:20140725175354j:plain

Rev.1.08/JP(新SPコード対応)

2014年9月30日施行。

新しく「元祖ドンキーコングパック」「お天気パック」のスペシャルコードに対応。

f:id:wario-1021:20150109174225j:plain

Rev.1.09/JP(大型アップデート)

2014年12月16日施行。

全国対戦のシステムを一新、都道府県別に対戦するルールになった。

全国対戦で全国制覇する事で手に入るカートとして

「マッハペガサス」「ゲソダイバー」「ウルトラレオン」の3台を追加。

カラーバリエーションを含めてこれらのカートをコンプリートするには、

全国制覇を6周する必要があり、最低でも必要な全国対戦の回数は300戦。

スペシャルコードで入手できるカートとして「ターボドルフィン」「ハンタービー」を追加。

「ふたりで協力」「チームで対戦」に登場する合体カートに6号が追加された。

きせかえバリエーション「ゴールドマリオ」「くろヨッシー」を追加。

(ゴールドマリオは最高速タイプ、くろヨッシーは加速タイプ)

すべてのコースにミラー版が追加。

エアリアルロード、クッパファクトリーの150cc版が2周→3周になった。

レース中の画面の左下に、獲得マリオコイン枚数が表示されるようになった。

いくつかのキャラクターはプレイ視点が変化した。

レース中、カードを持っていないプレイヤーはミドリこうら、バナナ、おじゃまフレームに加えて

アカこうら、カミナリぐも、ハンマーの計6種がアイテムボックスから出現する仕様になった。

(※このうち、カミナリぐもはRev.1.11から巨大キノコに変更)

f:id:wario-1021:20150728194526j:plain

Rev.1.10/JP(中型アップデート)

2015年7月28日施行。

新キャラクターに「ベビィマリオ」「ベビィピーチ」を追加。

新しい性能タイプにスーパーハンドリングタイプを実装。

旋回性能が非常に高いが、最高速と加速がともにいまひとつという特徴を持つ。

(ベビィマリオベビィピーチがこのスーパーハンドリングに該当)

新しく「おじゃまキャラパック」「マリオコイン200枚プラス」のスペシャルコードに対応。

対戦エントリー画面の下にシートを動かせる旨のメッセージが表示されるようになった。

Rev.1.07で削除されていた、下位を走っている時の速度補正が復活。

全国対戦モードで登場する分身のAIがさらに強化された。

グランプリモードにおけるCPUが強化。150ccではありえない追い上げを見せる。

全体的にAIがマリオカート64に近くなり、スタート時に先頭にいたキャラほど

何度ひるませようとしつこく追い上げてくる。このAIはRev.1.11以降も同じ。

対戦モード・協力モードのCPUは弱体化され、

CPUのアイテムセットもすべてのコースでミドリこうら、カミナリぐも、ハンマーに固定された。

レース中の挙動が変化、ドリフトブーストのゲージが溜まりやすくなった。

その代わり、壁にぶつかるとブーストゲージが消滅しやすくなっている。

一部キャラクターのレース視点が変更、大きいキャラクターのレース視点は高くなった。

(ロゼッタドンキーコングクッパワリオワルイージなど)

f:id:wario-1021:20190604192137p:plain

Rev.1.11/JP(大型アップデート)

2016年4月21日施行。タイトル画面が再び変化。

「全国対戦」「ふたりで協力」や対戦モードにおいて

新コース「パックマンスタジアム」「ナムコサーキット」を追加。

Rev.1.07/JPで追加された「チームで対戦」は削除された。

きせかえバリエーション「タヌキマリオ」を追加。

このバージョンからバナパスポートカードにデータを登録すると

ライトニングチャンプ等の景品12種類をすぐに入手する事ができるようになった。

(前バージョンからのデータが既に入っていても入手可能。)

スペシャルコードで入手できるカートに「ハンバーカー」を追加。

対戦エントリー画面にマリオボタンで対戦をキャンセルできる機能を追加。

レース画面が一新、全キャラの順位が画面右に表示される仕様に。

ラップ表示は左上に移動、コースマップは削除。

ぼんおどりストリートを除くすべての既存コースに調整が入り、

アイテムボックスやマリオコインの位置が変更された。

ドリフトの仕様が大幅に変更された。

スペシャルカートではドリフト中に発生するシールドが

攻撃を受けると消滅するようになった。

また、ノーマルカートに至っては

そもそもドリフト中にシールドが発生しなくなってしまった。

アイテムバランスに大きく調整が入り、落下系のアイテムはサイズが大きくなる、

ロックオン系のアイテムはアイテムの移動スピードがダウンなどの調整がなされた。

きせかえバリエーションのキャラクターの専用アイテムや、

協力プレイの合体カートの出現率がRev.1.10比でかなり減少した。

全キャラクターのレース視点が変更、全般的に過去のバージョンより視点が高くなった。

対戦・協力モードのCPUのアイテムパックはミドリこうら、バナナ、ハンマーに変更。

トップがゴール後のカウントダウン表示の仕様が変更、

タイムアップ10秒前になると画面中央にカウントダウンが表示されるようになった。

レース中の挙動についてはRev.1.10と比べて大した変化はない。

上記の新仕様によってバグがいくつか発生。

全国対戦において分身の変装フレームが画面右の順位表示や

画面下の後方ライバル表示に反映されなくなっているなど。

(Rev.1.15で修正された)

f:id:wario-1021:20160424190214j:plain

Rev.1.12/JP(調整アップデート)

2016年6月下旬施行。

Rev.1.11/JPから一部要素に調整が入った。

対戦エントリー画面でマリオボタンで対戦をキャンセルできる機能は削除。

レース終了後、コンティニューの待ち時間が20秒→25秒に増加。

その他、一部バグを修正。

(チャレンジチャンスの対戦者表示画面で

 イチゴどんちゃんと勇者どんちゃんのキャラアイコンが逆になっているバグを修正等)

f:id:wario-1021:20170612211543p:plain

Rev.1.14/JP(大型アップデート)

2017年6月6日施行。

新キャラクターに「デイジー」「キングテレサ」が追加。

(デイジーはバランスタイプ、キングテレサはスーパーハンドリングタイプ)

ジャンプドリフトの挙動が調整され、前バージョンより少し曲がりやすくなった。

50ccのグランプリは2ラウンドでクリアできるようになった。

パックマンスタジアム、ナムコサーキットの2コースがグランプリに対応し、

100cc以上から「パックマンカップ」として走れる。

グランプリの各カップに、カップクリア賞品を追加。

賞品は各カップのラウンド4を3位以内でゴールするとゲット可能。

初めてタマゴスロットを回した時のスペシャルカートが変化し、

ギャラクシーコメット、ダイノバギー、メタルスパークは初回景品にならなくなった。

全国対戦の段位に21段以上が追加され、最大レベルは50段になった。

カードを使わない対戦プレイでコンティニューした時に使えるアイテムから、

あばれゴマが廃止され、代わりにゴールドこうらが追加された。

対戦プレイでコンティニューした場合、プレイヤー中で最下位だった人に与えられていた、

ドリフトなしで攻撃を1回防ぐことができるスペシャルシールドが廃止された。

コンティニューの待ち時間が25秒→30秒に。

f:id:wario-1021:20181225005720j:plain

Rev.1.15/JP(大型アップデート)

2018年12月18日施行。(ロゼッタが参戦したRev.1.03と同じ日)

新キャラクターに「ジュゲム」を追加。(ジュゲムはハンドリングタイプ)

新コースにバナナンラビリンス、DKジャングルを追加。

新しくドンキーコングカップとしてグランプリでは100cc以上から走る事ができる。

100cc以上のグランプリにタイム計測を実装。

バナパスポートカードを使ってグランプリを遊ぶと、

画面右上に走行タイムが表示されるようになり、ゴールした後に完走タイムの登録が可能。

(完走タイムが各筐体のランキングの上位10位以内に入っている事が条件)

プレイヤーカラーが変更。2Pカラーは黄色→青、3Pは緑→黄色、4Pは青→緑になった。

写真撮影の機能が一新され、変装パーツはすべて参戦キャラクターのものに変更。

変装パーツが3D化し、プレイヤーの顔の動きに応じてパーツの向きや位置が変化。

顔写真の枠が今までと比べて細くなった。

グランプリモードのコース選択で、パックマン/クッパJr./クッパカップのマップ表示が、

実際のコースと合っていなかったバグが修正。

ドンキーコングでジャンプすると、ジャンプした時の声が鳴り続けるバグが修正。

キングテレサのボイスが後方スピーカーから流れてこないバグが修正。

「ふたりで協力」でコンティニューすると、

コンティニューしたボーナスとしてタッグメダルが3枚追加でもらえるようになった。

全国対戦で軽い表示バグが発生。最初のレベル確認画面の後、

各地域の「攻略開始!」「攻略中!」の表示が

ややフライングで出てしまうようになっている。

f:id:wario-1021:20190604182653j:plain

Rev.1.16/JP(調整アップデート?)

2019年5月施行。

Rev.1.15でゲームを始めた時に表示された、新バージョンの宣伝は削除された。

6月にはトリプルゴールドこうら獲得キャンペーンが実施された。

それ以外はとくに目立った変更点はなし。