読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

帰ってきたぞリストラ特戦隊! シーズン6・第1話

f:id:wario-1021:20160609211414j:plain

リュカ

「んん~…。」

ミュウツー

「どうした、リュカ?」

ロイ

「久しぶりに難しそうな顔をしているね…。どうしたんだい?」

f:id:wario-1021:20160609211645j:plain

リュカ

「どうやら悪いヤツらが3人ほどこの基地に迫ってきている、そんな感じがしているんです…。」

ミュウツー

「悪いヤツら…? 3人…?」

f:id:wario-1021:20150719135305j:plain

ロイ

「ま…まさか! この前倒したばかりのリストラ特戦隊!?」

f:id:wario-1021:20150715235534j:plain

そもそもリストラ特戦隊とは…、スマブラ3DSの発売後に

ロイ、リュカ、アイスクライマー、ウルフといった

5人のリストラ勢から結成された参戦勢に対する反逆戦隊である!

f:id:wario-1021:20150825132937j:plain

結成以降、特戦隊はスマブラに参戦したファイター達を恨んで

幾度となく暴れまわっていた。

f:id:wario-1021:20150825142717j:plain

しかし結成翌年の15年4月、リュカが特戦隊を卒業。

さらにその2ヶ月後には初代隊長であったロイまで離脱。

f:id:wario-1021:20150706215304j:plain

以降はポポとナナとウルフの3人だけで暴れまわり、

戦いの度にDLC復活を企むようになってきたが…、

f:id:wario-1021:20151219132641j:plain

最終的には3人ともあっけなく倒され、DLC復活は失敗に終わった。

f:id:wario-1021:20160609211907j:plain

ミュウツー

「まったく…あの特戦隊、また我々に襲いかかろうとしているのか…。

 ロイにリュカ、お前達は現役時代にこんなに幾度と我々に襲いかかろうとは思っていたのか?」

f:id:wario-1021:20160609212154j:plain

ロイ

「いや、全然だね。1回で諦めるつもりだったね。」

リュカ

「それなのにそれなのに…、初代隊長のロイが離脱してから

 特戦隊は好き勝手に(!?)暴れているんですね…。」

f:id:wario-1021:20160609211907j:plain

ミュウツー

「あぁ…まいった…。アイツらまだ反逆をやめる気がないのか…。」

ロイ

「やれやれ…、こんなに困ったヤツらになるなんて思わなかったな…。」

f:id:wario-1021:20160609212508j:plain

リュカ

「とにかくボクがカムイと一緒に暴動を止めてきます!」

カムイ

「敵はリストラ特戦隊って連中か…。彼らの好きにはさせないぞ!」

f:id:wario-1021:20160609212638j:plain

リュカ

「リストラ特戦隊はこっちに向かってきていますね。すぐに倒してきます!」

f:id:wario-1021:20160609213027j:plain

ピシュンッ!!

ミュウツー

「リュカ、カムイ、頼んだぞ!」

f:id:wario-1021:20160609214035j:plain

カムイ

「ここにリストラ特戦隊の3人がいるのかい?」

リュカ

「もうすぐ来ますよ…。ほら、来ました!」

f:id:wario-1021:20160609214218j:plain

ポポ

「よう。また会ったな、リュカ!」

ナナ

「Xのリストラ勢からあんただけ復活して調子こいて! 生意気ね!」

?????????

「おのれ、リュカめ! この俺様を差し置いて参戦しやがって!!

 貴様だけは絶対に許さん!!」

f:id:wario-1021:20160609214240j:plain

リュカ

ポケモントレーナー!? なんであんたが特戦隊に!?」

f:id:wario-1021:20160609214530j:plain

ポケモントレーナー

「そんなどうでもいい事を話している暇はない。とにかく、お前の後ろの銀髪の男は誰だ!」

カムイ

「僕はカムイ。ファイアーエムブレムifの主人公だ。

 クラウドが入って残り2つになっていたDLC枠のうち

 1つにはこの僕が入ったんだ!」

f:id:wario-1021:20160609214919j:plain

ポポ

「カチーーーン!! 怒っちゃったもーーん!!」

ナナ

「これじゃ私達全然入れないじゃない!! カムイも嫌い!」

ポケモントレーナー

「はぁ!? お前の参戦は次回だろうと思っていたらコレかよ!」

カムイ

「口が悪い連中だね…。前からこうなのかい?」

リュカ

「以前にロイと一緒に戦った時からそうでしたよ。」

f:id:wario-1021:20160609215018j:plain

リュカ

「特戦隊現役時代はこんなにネチネチした連中になるなんて

 ちっとも思っていなかったよ…。

 ポケモントレーナーもね、『ボクが復活参戦してからも

 ずっと友達だよ』ってあの時そう約束していたのに

 そっちから裏切ってくるなんてねぇ…。」

f:id:wario-1021:20160609215331j:plain

ポケモントレーナー

「ふん! 俺にひざまずいて詫びるんなら仲間にしてやってもいいんだぞ?」

f:id:wario-1021:20160609220013j:plain

リュカ

「お前から裏切ってきたんだろうが!!」

f:id:wario-1021:20160609215824j:plain

リュカ

「そのクセして偉そうな口を叩くな!!」

ポケモントレーナー

「クソマァーー!!」

ポポ

ポケモントレーナァァァァァーー!!」

f:id:wario-1021:20160609220215j:plain

ナナ

「何やってんのよ、ポポ! ポケトレがやられちゃったじゃない!!」

ポポ

「あぁ!? 俺のせいかよ!! これはリュカが勝手にだな!」

f:id:wario-1021:20160609220431j:plain

カムイ

「この2人がアイスクライマーだね? …こんなに仲悪かったっけ?」

リュカ

「いや…ボクが未熟者のヘタレだったスマブラX時代は仲良しだったと思いますが…。」

f:id:wario-1021:20160609220523j:plain

リュカ

「というか、今がチャンスですよ!

 喧嘩しているから2人は無防備です!!」

カムイ

「そうか…! すぐに片付けよう!」

f:id:wario-1021:20160609220630j:plain

カムイ

「これでくたばれ!!」

f:id:wario-1021:20160609221006j:plain

ビリビリビリ!!

f:id:wario-1021:20160609221128j:plain

ポポ

「アアァァァァァーーー!!」

ナナ

「結局あんたの不注意じゃなーーーい!!」

-第2話に続く…-