読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

夜更かしすると損なのだ

amiibo amiibo会議

f:id:wario-1021:20151213181913j:plain

ドカッ! バシッ!! ドーン!!

ロゼッタ

「ん…? この音は何でしょう?」

クッパ

「先日新しく加わった4人(マルス、アイク、ルフレ、ブラックピット)が大乱闘をしているな。

 察するに、全員ボコボコにされているはずなのだ。」

f:id:wario-1021:20151213182110j:plain

アイク

「うっ…強いな、あの少年…。」

ブラックピット

「チビのクセにってナメてかかったオレがバカだったぜ…。」

f:id:wario-1021:20151213182220j:plain

ワリオ

「だから言っただろう、ネスを甘く見るなってな!」

ミュウツー

「ワタシも初めてネスと戦った時は手も足も出なかった。乱闘中のネスは恐ろしいヤツだよ…。」

f:id:wario-1021:20151213182422j:plain

ルフレ

「ネスの体当たりって強いんだね。あれはどういう技なんだい?」

マリオ

「あれはPKサンダー体当たり。PKサンダーを自分に当てて体当たりするダイナミック技さ。

 当たるとかなり痛いよ! ボクも初めて食らった時は怪我しかけたよ。」

f:id:wario-1021:20151213182538j:plain

クッパ

「オイ、お前らーー!!」

クッパJr.

「あ、お父さんだ!!」

f:id:wario-1021:20151213182726j:plain

クッパ

「今日の乱闘はそこまでだ、もう寝るぞ!」

(※現在時刻:12月15日の午後9時)

マルス

「そうだね。そろそろ寝ようか。」

ブラックピット

「え、何でだよ!? オレ達まだレベル50になっていないぜ?」

f:id:wario-1021:20151211203156j:plain

ロゼッタ

「忘れたんですか?

 明日はスマブラ3DS/WiiUの最後の特別番組の日ですよ。」

クッパ

「それも朝7時からの放送だ! リアルタイム勢ならさっさと寝るのだ!」

f:id:wario-1021:20151213182944j:plain

HVC-012

「レベル50にナルのはイツでもできマスが、特番は明日だけデスヨ!」

デデデ

「特番のリアタイに次はないゾイな。 ワシもそろそろ寝るゾイ。」

メタナイト

サークライの事だから、これが本当に最後とは限らないがな。それでも寝た方がいいな。」

f:id:wario-1021:20151213183211j:plain

ブラックピット

「…ったく、それならしょうがねえな。レベル50は保留だ。」

ワリオ

「よし、オレ様も寝るぞ! いつもより1時間早く寝る!」

マリオ

「ボクも寝るね! 明日の生放送を皆で見よう!」

f:id:wario-1021:20151213183349j:plain

クッパJr.

「お父さんもこれから寝るの?」

クッパ

「もちろんなのだ。先日、思いっきり爆睡していたけどな。」

f:id:wario-1021:20151213183523j:plain

マルス

「明日のスマブラの特番、クラウド以外の追加キャラは誰なんだろう?」

アイク

「さあ? 俺にも分からないぞ。」

ネス

「一体誰なんだろうね? カービィぐらいしか知ってなさそうだけど。」

f:id:wario-1021:20151213183631j:plain

ルフレ

「あっ、そうだ! ロゼッタカービィを知らないかい?」

ロゼッタ

カービィですか? もう寝てしまいましたよ。」

f:id:wario-1021:20151213183939j:plain

メタナイト

カービィはとっくに寝ているのか。カービィが起きていたら明日の追加キャラが誰か聞き出せたのに…。

デデデ

「アホかいね!! そういう姑息な手段を打つんじゃないゾイ!!」

ミュウツー

「勝手に聞き出して公開なんてしたら、それこそリークだぞ!」

f:id:wario-1021:20151213184225j:plain

クッパ

「汚いな、さすがメタナイトきたない。」

ロゼッタ

「それじゃあ、私達はもう寝ますね。眠くなってきました。」

クッパJr.

「ボクも寝よう。おやすみ、お父さん。」

f:id:wario-1021:20151213184441j:plain

ネス

「やれやれ、残っているメンバーのほうが少なくなってきたなぁ。

 クッパでしょ、ミュウツーでしょ、HVC-012でしょ。んで、ボク。」

HVC-012

「このまま起きていても何もナイデスからネ。ワタシも寝マス。」

f:id:wario-1021:20151213184619j:plain

クッパ

「眠気が襲ってきた、ワガハイも寝るぞ。おやすみ。」

ミュウツー

「ワタシも寝るとしよう。おやすみ、ネス。」

ネス

「さて、ボクも寝よう。」

 

f:id:wario-1021:20151213184919j:plain

ネス

「あれ? ピーチじゃないか! どうしてまだ起きてるんだい!?」

f:id:wario-1021:20151213185020j:plain

ピーチ

「私は寝ないわ。特番の時間まで寝ないでずっと待つの。」

ネス

「へえ~、そりゃ素晴らしい体制だねぇ。尊敬しちゃうよ。」

f:id:wario-1021:20151213185130j:plain

ネス

「それじゃ、おやすみ! ボクはもう知らないよー。」

ピーチ

「おやすみ。私は頑張って7時まで起きてるわ。」

……

f:id:wario-1021:20151213185241j:plain

ピーチ

「Zzz…」

……

f:id:wario-1021:20151213185404j:plain

ピーチ

「ハッ!! 今何時かしら!?」

f:id:wario-1021:20151213185502j:plain

ガノンドロフ

「もう水曜日の午前11時だ。特番を見逃したのはお前だけだ。」

ピーチ

「嘘でしょーーー!?」

f:id:wario-1021:20151213185611j:plain

ピーチ

ガノンドロフ、お願い! 私を5時間前の時間に送って!」

ガノンドロフ

「絶対やだ。…というか出来んわ、アホ。」