読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

我らリストラ特戦隊! シーズン2・第1話

f:id:wario-1021:20150511201223j:plain

-今までのあらすじ-

ウルフ、アイスクライマー、リュカ、ロイの5人から成り立つ、

Dr.マリオ達への反逆組織、リストラ特戦隊。

f:id:wario-1021:20150513221359j:plain

開始早々リュカは特戦隊を離脱し、

残された4人でDr.マリオ達に反逆を試みるが…、

f:id:wario-1021:20150513222053j:plain

結局4人は彼らにあっさりと倒され、その野望は打ち砕かれた。

その後の4人はごく普通にのんびりと暮らしていた。

しかしそんなある日…、

f:id:wario-1021:20150621223642j:plain

ポポ

「ゲエェェーッ!ロイがリストラ特戦隊を卒業だってえぇぇー!?」

ナナ

「なんですってえぇぇーっ!? チームの主力が…まさか…。」

ウルフ

「リュカに続いてロイ隊長まで離脱か…。

 まったく…隊長がいないとファイティングポーズが成り立たないってのに…。」

ナナ

「試しにファイティングポーズを3人でやってみましょう。」

f:id:wario-1021:20150621223657j:plain

ウルフ&ポポ&ナナ

「ウルフ!ポポ!ナナ! オレ達リストラ特戦隊!」

f:id:wario-1021:20150621223707j:plain

しーーーーーん…。

f:id:wario-1021:20150621223717j:plain

ナナ

「や…やっぱり3人じゃキマらないわね…。」

ウルフ

「やっぱり隊長抜きではこのポーズがただの変なものにしか見えなくなってくるぜ…。」

ポポ

「というか、新しい隊長は誰にしようか…?」

f:id:wario-1021:20150621223840j:plain

ナナ&ウルフ

「そりゃポポだな、聞くまでもない。」

ポポ

「デスヨネー…」

f:id:wario-1021:20150621223851j:plain

ポポ

「もおぉぉーっ!ロイもリュカもいないからリストラ特戦隊が成り立たないよ!

 おのれえぇぇー! 絶対にゆるさんぞ虫ケラどもおぉぉー!」

こうして特戦隊の3人は、離脱したロイとリュカに対して

復讐しに行くという新たな野望が生まれたのであった。

f:id:wario-1021:20150621223905j:plain

クッパ

「まったく…あの時リストラ特戦隊シリーズの続きはないと言ったのに…。

 まさかのシリーズ再開か、これまたメンドクサイ事になりそうなのだ…。」

f:id:wario-1021:20150621223925j:plain

ポポ

「出たな、クッパ! ロイとリュカを知らないかい?」

ナナ

「私達、ロイとリュカを探している所なの。」

ウルフ

「正直に言え! さもないとこのリストラ特戦隊がお前をぶっ倒す!」

クッパ

「いいだろう、素直に教えてやろう。」

f:id:wario-1021:20150621224051j:plain

クッパ

「そのロイとリュカなら、6月15日にDLCキャラとして大乱闘の場に復帰したぞ。」

f:id:wario-1021:20150621224102j:plain

ウルフ

「あ…あの野郎どもめ…!

 オレ達を裏切っていたんだなあぁぁー!」

ナナ

「許せないわ! 早速復讐しに行ってやるわ!」

f:id:wario-1021:20150621224114j:plain

クッパ

「ロイとリュカの現況が分かったのならさっさと帰れえぇぇー!」

ウルフ&ポポ&ナナ

「うげええぇぇぇーっ!」

特戦隊はクッパの不意打ちを避けられなかった。

そう、このリストラ特戦隊、

大乱闘の修行を長い期間サボっていたため、

前回の第1期最終回からメッチャクチャに弱くなっていたのだ!

f:id:wario-1021:20150621224127j:plain

これこそまさに「この始末☆」である。

-TO BE CONTINUED-