カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

「マリオvsドンキーコング みんなでミニランド」 初週売り上げはWii U版3000本、3DS版も9000本

f:id:wario-1021:20150326124327j:plain

もはや笑うしかない。

3月19日にWii U3DSで発売された「マリオvsドンキーコング みんなでミニランド」。

しかし上述の通り、その売上はこのザマ。(うん…、知ってた。)

2004年にドンキーコング(GB)の続編として発売されたマリオvsドンキーコングでしたが、

2007年の「マリオvsドンキーコング2 ミニミニ大行進!」、

2009年の「マリオvsドンキーコング ミニミニ再行進!」以降そのゲームシステムはマンネリ化。

さらに2010年の「マリオvsドンキーコング 突撃!ミニランド」以降のシリーズでは

主人公であるはずのマリオの存在が非常に薄くなり、

そして本作「みんなでミニランド」では

もはや「マリオvsドンキーコング」のタイトル名がただの飾りになっているというね…。

(要するに本作にはドンキーコングとの対決ステージすらありません。)

本作のエディットモードにおける有名無名かの格差社会が売上不振を生んだのか…?

(ゴールド系のパーツなどはスターがかなりの数をもらわないとゲットできない、など)

私としては、上述のマンネリ化が売上不振を生んだのだと思いますが。

f:id:wario-1021:20150326124336j:plain

私がマリオファンを始めてからの12年間で

ここまで酷い売上を見たのは正直初めてかもしれません。

何故こんな事になってしまったんだ。