読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

2010年から始まったマリオシリーズのリストラ地獄

f:id:wario-1021:20140820185135j:plain

2010年のマリオスポーツミックスを皮切りに、

それ以降、それぞれのマリオのバラエティシリーズに

登場し続けていたキャラが大量にリストラされていく事例、

通称「リストラ地獄」が次々と発生しています。

とくに2011年以降は毎年発生しているのです。

今回はリストラ地獄のゲームとその犠牲者を語っていきましょう。

f:id:wario-1021:20140822191510j:plain

マリオスポーツミックス(2010)

前作「マリオバスケ3on3」にいたマリオキャラが数名リストラ。

本作に登場するマリオキャラは主要人物だけになってしまった。

犠牲者:キャサリンディクシーコングテレサ

    パタパタ、プロペラヘイホー 

f:id:wario-1021:20140818132639j:plain

マリオカート7(2011)

これが今までのリストラ地獄の中でも最も酷い事例かもしれない。

Wiiにいたキャラからなんと13名、

つまりWii陣から半分以上ものキャラがリストラされてしまった。

とくにWiiで初参戦したキャラはロゼッタ以外全滅。

犠牲者:ワルイージキノピコディディーコングクッパJr.

    キャサリンベビィマリオベビィルイージ

    ベビィピーチベビィデイジーキングテレサ

    ファンキーコングカロンほねクッパ

f:id:wario-1021:20140822191823j:plain

マリオパーティ9(2012)

5年ぶりのマリオパーティの新作!…だったが、

パーティモードのルールが全く違うものに変わってしまっただけに止まらず、

ここでもキャラが5人、プレイヤーから離脱してしまった。

このうち、キノピコだけは本作に全く出ていない。

犠牲者:キノピコテレサカロンゲッソーハンマーブロス

f:id:wario-1021:20140822191936p:plain

マリオテニスオープン(2012)

マリオテニスGCからキャラが6人もリストラされてしまった。

さらに本作の隠しキャラがチコ、ベビィピーチほねクッパ

4人中3人が決まり、流れでロゼッタ参戦かと思われたところで

ベビィマリオが登場し、マリオファンの期待を大幅に裏切った。

犠牲者:ノコノコ、ヘイホー、プロペラヘイホー、

    パタパタ、ハナチャンボスパックンロゼッタ

f:id:wario-1021:20140820190917j:plain

マリオカートアーケードグランプリDX(2013)

こちらではマリオキャラは誰もリストラされなかったが、

ワリオワルイージは何故か隠しキャラに。

しかし前作にいたバンナムのキャラが3人消えた。

犠牲者:ミズパックマン、アカベイ、まめっち

f:id:wario-1021:20140501000043p:plain

マリオカート8(2014)

前作からベビィキャラ全員とワルイージキノピコが復活したのだが、

ディディーコングクッパJr.は復活はおろか、登場すら叶わなかった。

ハニークイーンもリストラされたのだが、代わりにピンクゴールドピーチが参戦し、

ハニークイーンと変わらない余計な枠がまた出来てしまった。

ピンクゴールドピーチはロゼッタメタルマリオの価値を汚しているとか。

ちなみに本作のキャラは30人だが、

ベビィキャラ5人とメタル2人、クッパ7人衆やMiiを全員除くと、

人数は15人である。(WiiですらベビィやほねクッパMiiを除いても19人である。)

犠牲者:ディディーコングクッパJr.、キャサリン

    キングテレサカロンほねクッパ

    ファンキーコングハナチャンハニークイーン

 

f:id:wario-1021:20140820184606j:plain

個人的には自分が好きなマリオカートシリーズが一番リストラが酷いですね。

最近のキャラ選出センスもかなりおかしい方向に行っています。

クッパJr.ディディーコング、キャサリン

全員マリカーに必要な存在なんですよ!

ディディーコングや悪役キャラであるクッパJr.やキャサリンのほうが

金属女より必要な人材なのに…。

また、重量級女性はロゼッタ1人だけで十分。

二度と変な重量級女性考えるな!(ピッコロ風)