カオスマリオM7の気まま日記

主にマリオの記事を書いているブログです。

マリオファミリーで忘れ去られつつあるキャラクター、ドンキーコングJr.

f:id:wario-1021:20131214100830j:plain

ドンキーコング(初代)は1981年登場の

アーケードゲーム、「ドンキーコング」に登場したキャラクター、

なおかつマリオシリーズで最初に作られたキャラクター。(マリオは2番目となる)

ただしこのドンキーコング、現在出ているドンキーとは別人。

f:id:wario-1021:20170808133457p:plain

現在、主に登場している『ドンキーコング』は2代目のドンキーコング

1994年にスーパーファミコンで発売された

スーパードンキーコング」より登場した初代ドンキーコングの孫。

相棒のディディーコングもこの「スーパードンキーコング」が初登場。

f:id:wario-1021:20170729022148j:plain

初代ドンキーコングは「スーパードンキーコング」以降、

クランキーコングに改名、老いた姿となり村の長老として現在でも活躍しています。

では、2代目ドンキーが初代の孫なら、息子は誰なのか?

f:id:wario-1021:20170728231952p:plain

それはドンキーコングJr.。昔のシリーズでは多く活躍していたキャラクター。

ドンキーコングJr.は1982年の「ドンキーコングJR.」から登場したキャラクター。

ドンキーコングJR.」はマリオが悪役の珍しい作品。

ドンキーコングJr.はそれ以降も「ドンキーコングJr.の算数遊び」や、

スーパーマリオカート」、「マリオテニス64」などに出ていました。

マリオテニス64」では2代目ドンキーコングと共演もしていたのが懐かしい。

しかしマリオテニス64を最後に出番がかなり激減、

それ以降登場する機会は大幅に減少。

以降、(バーチャルコンソールを除いて)ドンキーコングJr.の出演は

チョイ役が多くなってしまっています。

f:id:wario-1021:20170108183946j:plain

ただしドンキーコングJr.も完全に忘れ去られたというわけではない模様か、

2010年発売の「ドンキーコングリターンズ」の最終ステージにて

「黄金の神殿」のBGMにドンキーコングJr.の曲がアレンジされて使われていたり、

スーパーマリオメーカー」ではドンキーコングJr.のキャラマリオが収録されていたりいます。